« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(2) - 越前大仏(大師山清大寺)へ | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(4) - 越前大仏(大師山清大寺)(2) »

2015年8月19日 (水)

勝山市(福井県勝山市)を訪れる(3) - 越前大仏(大師山清大寺)(1)

 

  越前大仏は正式には大師山清大寺といいます。

地元出身の実業家で相互タクシーの創業者である多田清の建立による寺院。

1987年(昭和62年)5月28日に開眼供養、2002年(平成14年)12月20日に臨済宗妙心寺派の寺院となり宗教法人となる(Wiki参照)。

当初は観光目的の寺院で、地元に貢献したいと言う思いがあったのではと考えられているそうです。

現在の拝観料は500円ですが最初は3000円に設定されていたそうで、これでは観光客も寄り付かなくなります。

由緒ある寺院と比べると多少の違和感がありますが、醜悪というほどでも無い造りなので、評価は後世に委ねられるべきでしょう。

門前町のお店はお盆で休みと思ってましたが、観光客の不振で一軒を残して撤退していたということは帰ってから知りました。

観光客は十人単位で閑散としていました。

 

  拝観入り口の目の前に聳え立つ大門。

Dsc00053

 

  左手には五重塔。

Dsc00056

 

  大門仁王と回廊についてのエピソードなどが記されています。

Dsc00059

 

  阿形(あぎょう)像。

Dsc00062

 

  吽形(うんぎょう)像。

Dsc00063

 

  中門。

  暑いので観光客は回廊を歩いて日差しを避けています。

Dsc00064

 

  中門越しに大仏殿。

Dsc00068

 

  大仏殿。

  全てコンクリート造りのうえに経験的に見たことの無い意匠なので、それに違和感を覚えるのでしょう。

Dsc00069

 

  大仏殿前からの五重塔。

Dsc00076

 

  大仏殿前から中門を振り返って。

Dsc00079

 

  大仏を拝顔。

  像高は17.0mとか。

  ちなみに鎌倉大仏仏身高(像高)が11.312m、東大寺大仏は像高14.98m。

Dsc00081

  撮影 2015/08/16

|

« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(2) - 越前大仏(大師山清大寺)へ | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(4) - 越前大仏(大師山清大寺)(2) »

北陸地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(3) - 越前大仏(大師山清大寺)(1):

« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(2) - 越前大仏(大師山清大寺)へ | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(4) - 越前大仏(大師山清大寺)(2) »