« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(7) - 城下町としての勝山市(1)勝山城址の碑、金燈籠 | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(9) - 「えちぜん鉄道」勝山駅にて »

2015年8月27日 (木)

勝山市(福井県勝山市)を訪れる(8) - 城下町としての勝山市(2)毘沙門の金燈篭と開善寺 駅に戻る

 

  勝山城の痕跡は現在となってはほぼ見ることができなくなりましたが、旧成器堂講堂や移築門などがあちらこちらに散らばって残っているそうです。

また藩主家の廟が開善寺にあると聞き訪れましたが時間切れで駅に戻ってしまいました。

せっかく城下町勝山を訪れながら画竜点睛を欠くこととなりました。

 

  建雷神社(通称毘沙門)。

  社殿の後ろが崖となっていてその上の道路越しに市民会館があります。

Dsc00176

 

  社殿。

Dsc00175

 

  毘沙門の金燈籠(かなどうろう)。

  万延元年(1860)の建立。

Dsc00173

Dsc00172

Dsc00179

Dsc00177

 

  本町通りを北方向に。

Dsc00183

 

  突き当たって右(東)を向いたところ。

  まっすぐ行くと左手に開善寺があります。

Dsc00187

Dsc00185

 

  開善寺。

Dsc00188

 

  住職が不在となりひっそりとしています。

  藩主家の廟を写すことなく帰ってしまったのが後悔されます。

Dsc00193

Dsc00195

 

  門内から。

Dsc00198

 

  いったん市役所前に戻り、勝山駅前から伸びる大通りに戻ります。

Dsc00203

 

  大通りから先ほどの本町通り北側。

Dsc00205

 

  大通り越しに本町通りの南側。

Dsc00206

 

  九頭竜川(くずりゅうがわ)に架かる勝山橋に戻ってきました。

Dsc00207

 

  勝山駅駅前。

Dsc00010

  撮影 2015/08/16

|

« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(7) - 城下町としての勝山市(1)勝山城址の碑、金燈籠 | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(9) - 「えちぜん鉄道」勝山駅にて »

北陸地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(8) - 城下町としての勝山市(2)毘沙門の金燈篭と開善寺 駅に戻る:

« 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(7) - 城下町としての勝山市(1)勝山城址の碑、金燈籠 | トップページ | 勝山市(福井県勝山市)を訪れる(9) - 「えちぜん鉄道」勝山駅にて »