« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(15) - 松前 寺町(1)龍雲院、光善寺、法源寺から法幢寺(ほうどうじ)へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(17) - 松前藩屋敷 帰途に »

2015年9月26日 (土)

夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(16) - 松前 寺町(2)法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所

 

  松前の寺町で最後に訪れたのは松前家の菩提寺である法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所。

法幢寺(ほうどうじ)には歴代藩主の位牌が安置されている御霊屋があります。

 

  寺町は松前城の北の防備も兼ねて作られました。

 

  散策道の左手に門があります。

Dsc00838

 

  散策道を真っ直ぐ進むと突き当たりに松前藩主松前家墓所があります。

Dsc00836

Dsc00835

 

  山門。

  天保9年(1838年)の再建(上記案内板より)。

Dsc00841

 

  山門左側。

Dsc00844

 

  山門右側。

Dsc00846

 

  本堂。

  1881年(明治14年)建築(出所不明)。

Dsc00849

 

  松前歴代藩主の位牌堂である御霊屋(みたまや)。

  上記の案内板では天保9年(1838年)の再建とあり、

  松前町ツーリズム推進協議会(松前町・松前観光協会・松前商工会)運営の「北海道松前藩観光奉行」の情報では天保5(1834)年の再建とされています。

Dsc00850

Dsc00851

 

  山門内側から。

Dsc00852

 

  松前家墓所に向かいます。

Dsc00858

Dsc00860

Dsc00864

 

  欅(けやき)の大木は本当に大きい。

Dsc00865

 

  第5代が松前家初代の松前慶広(まつまえよしひろ)。

  初代の武田信広が蠣崎氏(かきざきし)を称し第5代の慶広が松前氏を名乗ります。

Dsc00868

Dsc00872

Dsc00867

Dsc00880

 

  門から散歩道。

Dsc00887

 

  門から右手(東)に回り込みます。

Dsc00888

 

  さらに北側に回り込みます。

Dsc00964

 

  そのまま道なりに行くと松前藩屋敷の看板のある場所に。

Dsc00891

  撮影 2015/08/30

|

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(15) - 松前 寺町(1)龍雲院、光善寺、法源寺から法幢寺(ほうどうじ)へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(17) - 松前藩屋敷 帰途に »

北海道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(16) - 松前 寺町(2)法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所:

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(15) - 松前 寺町(1)龍雲院、光善寺、法源寺から法幢寺(ほうどうじ)へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(17) - 松前藩屋敷 帰途に »