« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(12) - 松前城跡(1)「搦手二ノ門」から天守へ »

2015年9月17日 (木)

夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(11) - 松前まで1時間半のバス旅

 

  木古内駅から松前へのアクセスは路線バスしかありません。

函館から松前、江差を巡る定期観光バスがありますが私にとっては範囲外。よほどの事が無い限り定期観光バスは利用しません。

木古内駅ではバス待ちに1時間半ほど費やしました。

駅前には開いているお店もなく、駅舎内も工事中で落ち着くことができなくて、けっきょくバス停のベンチで待つこととなりました。

 

  木古内駅前も工事中。

Dsc00692

Dsc00698

Dsc00699

 

  駅前通り。

Dsc00700

Dsc00702

 

  松前出張所行きバス。

  函館バス 函館、木古内~松前 バス時刻表。

Dsc00703

 

  松前まで利用した観光客らしい乗客は私を含めて3人。

  日曜日のこの日、途中乗車、途中下車の地元のお客さんは二、三人ほどでした。

Dsc00704

 

  左手に海を見ながら。

  時には山の中を行きます。

Dsc00705

 

  多分、竜飛崎。

Dsc00708

 

  松城バス停に到着。松前では無く「松城バス停」です。

  さすが北国、主要なバス停には寒さをしのぐ待合所があります。

  松城バス停はトイレ付き。

  ただしコインロッカーはありませんでした。

  城下通りのお店の人にも聞きましたが無いとの事。

Dsc00710

 

  バス停は海の近くです。振り返って。

Dsc00711

 

  お店などが並ぶ城下通り。

Dsc00712

 

  お城は小高い場所に位置します。

  重い荷物を背負いながらの散策となりました。

Dsc00713

  撮影 2015/08/30

|

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(12) - 松前城跡(1)「搦手二ノ門」から天守へ »

北海道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(11) - 松前まで1時間半のバス旅:

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(12) - 松前城跡(1)「搦手二ノ門」から天守へ »