« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(16) - 松前 寺町(2)法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(18) - 木古内駅から蟹田駅、青森駅 »

2015年9月28日 (月)

夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(17) - 松前藩屋敷 帰途に

 

 

  松前藩主松前家墓所から北側に回り込み西に歩いて行くと藩政時代の松前を再現したテーマパークの松前藩屋敷があります。

観光客は全くいないという訳では無いのですが人数はパラパラ。

日曜日でしたので車で訪れ立ち寄った人も多いのでしょう。

松前藩屋敷を最後に同じ道を引き返し、城跡の東側にある天神坂門から下に降りバス停に戻りました。

 

  松前に木古内から13時台に到着、16時台の木古内へ向かうバスで帰途につきました。

散策にはほぼ3時間を費やしましたが、それでもまだ回り切れなかったスポットが残りました。

 

  松前藩主松前家墓所から西に向かうと松前藩屋敷の南側に出ます。

Dsc00892

 

  藩屋敷の入り口。

  入館料は大人360円、小人240円。

Dsc00894

Dsc00961

 

  松前に存在したという家々が再現されています。

Dsc00897

 

  松前藩沖の口奉行所。

  蝦夷地への出入りの船、人を改めたり税を徴収する役所。

Dsc00899

Dsc00903

 

  再現された町並みはT字形の道に並んでいます。

Dsc00909

Dsc00910

 

  一番奥に土産物も扱う休憩所があります。

  アイスコーヒーを頂いてしばし店の人と話をしました。

  北海道新幹線については木古内駅に何本停車するのかを不安視されていました。

  北海道新幹線は東京との直通が一日10本、新青森と1本、盛岡と1本、仙台と1本と報じられています。

  松前の場合、現行では木古内から路線バスがあるのみで(函館からの定期観光バスはある)、有力なアクセスが無いのが悩みです。

  しかも結構遠い。

Dsc00917

Dsc00922

Dsc00923

 

  武家屋敷。

Dsc00936

Dsc00937

Dsc00941

Dsc00945

 

  松前藩屋敷を後にして来た道を引き返しました。

  途中、往きには気付かなかった外堀跡。

Dsc00972

Dsc00973

 

  本丸北の松前神社。

Dsc00977

 

  天神坂門から下へ。

  この辺りは見晴らしが良い。

Dsc00996

 

  バス停に戻ってきました。

  待合室でバスの到着まで休憩。

Dsc01017

Dsc01018

   撮影 2015/08/30

|

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(16) - 松前 寺町(2)法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(18) - 木古内駅から蟹田駅、青森駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(17) - 松前藩屋敷 帰途に:

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(16) - 松前 寺町(2)法幢寺(ほうどうじ)と松前藩主松前家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(18) - 木古内駅から蟹田駅、青森駅 »