« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(8) - 武家屋敷通りの角館(かくのだて)を散策(6)天寧寺の芦名家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ »

2015年9月13日 (日)

夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(9) - 角館から秋田を経て弘前へ

 

  角館で訪れることができた観光スポットは全体の六割ほどだったかなあと考えながら、時刻表を確認。

本来ならば16時台の普通電車で大曲まで行き、さらに横手方面から来る秋田行きに乗り継ぐのが事前プランでした。

しかし翌日の弘前出発が早朝のため、なるべくならば弘前に早く着きたいという思いがあり、したがってどこかで特急を利用せざるを得ないと覚悟していました。

事前の想定では大館~弘前間で特急「つがる」を利用する予定でしたが、角館駅に入り改札の電光表示板を見ると秋田行きの「こまち」がすぐにやって来ることが分かりました。

一方、普通電車まではまだ1時間。

結局、これが決め手となり立ち席特急券(特別特急券 空いている席があれば座ることができる特急券)と乗車券を購入して秋田に向かうこととなりました。

Dsc00573

 

  やはり角館は春の桜なんだと思わせる跨線橋。

Dsc00574

 

  盛岡行き普通電車。

  田沢湖線大曲~盛岡間全線を走破する普通電車は一日3往復のみ。

Dsc00576

 

  角館の桜では枝垂桜(しだれざくら)が有名。

Dsc00584

 

  標準軌用の701系電車(新幹線と同じ線路幅)。

Dsc00587

 

  秋田行き「こまち19号」の到着。

Dsc00596

 

  途中の田園風景。

Dsc00597

 

  秋田駅にて。

  青森行き普通に乗り換え。弘前までは約2時間半の電車旅。

Dsc00628

 

  天気は好転しました。

Dsc00635

 

  鶴形駅。陽が傾いていきます。

Dsc00637

Dsc00643

 

  糠沢駅。

  鷹ノ巣駅から一つ青森寄り。

Dsc00644

 

  大館駅ではすっかり陽が落ちました。

  弘前には19時06分に到着。

Dsc00647

  撮影 2015/08/29

|

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(8) - 武家屋敷通りの角館(かくのだて)を散策(6)天寧寺の芦名家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ »

東北地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/62268088

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(9) - 角館から秋田を経て弘前へ:

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(8) - 武家屋敷通りの角館(かくのだて)を散策(6)天寧寺の芦名家墓所 | トップページ | 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(10) - 津軽線、海峡線で北海道木古内へ »