« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(1) - 高畑町バス停から百毫寺へ | トップページ | 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(3) - 百毫寺から奈良市写真美術館(新薬師寺の隣)へ »

2015年10月19日 (月)

奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(2) - 萩の寺 百毫寺と境内からの展望

 

  百毫寺(びゃくごうじ)は萩の寺として有名です。

そして高円山の中腹にあることで大変眺望が良いお寺としても人気があります。

新薬師寺と組み合わせて巡ると良く、百毫寺と新薬師寺との間は徒歩で十数分と考えておけば良いでしょう。

 

  石段を登るとすぐに左へ。

Dsc01566

 

  振り返るとすでにかなり高い。

Dsc01568

 

  左を見ると閉まっている拝観受付がありました。

  萩の咲く時期にはここが拝観受付になるのでしょう。

Dsc01569

Dsc01571

 

  山門への途中、石段の両脇が萩のようです。

Dsc01572

 

  山門の上にさらに石段があります。

Dsc01575

 

  拝観受付のある境内に登り切る前に振り返ってみました。

  眺望が素晴らしい。

  拝観料は大人500円、大学500円、高校300円、中学300円、小学200円。

Dsc01582

 

  本堂。

  このお寺では建築物よりも諸仏のお姿。写真で伝えられないのは残念です。

  重要文化財の諸仏等は訪れて拝顔してください。宝蔵にも安置されています。

Dsc01584

 

  石段を上がると多宝塔跡があります。

Dsc01587

 

  左に不動明王。

Dsc01588

 

  横の石段を上がりと石仏が多数。

Dsc01592

 

  御影堂を上から。

  宝蔵の横におります。

Dsc01594

 

  宝蔵。

Dsc01600

 

  御影堂。

Dsc01601

 

  奈良盆地の眺望。

  正面は生駒山。

Dsc01605

Dsc01606

 

  左に振り二上山が見えるというのですが、少々靄(もや)がかかっています。

Dsc01607

Dsc01608

 

  右に振ると奈良県庁や興福寺五重塔が確認できます、

Dsc01609

Dsc01618

 

  中央のビルは近鉄奈良駅の駅ビルのようです。

  五重塔の後ろは興福寺中金堂工事中の覆い。

Dsc01620

 

  山門から下り新薬師寺の隣にある入江泰吉記念奈良市美術館に向かいます。

Dsc01624

  撮影 2015/10/16

|

« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(1) - 高畑町バス停から百毫寺へ | トップページ | 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(3) - 百毫寺から奈良市写真美術館(新薬師寺の隣)へ »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(2) - 萩の寺 百毫寺と境内からの展望:

« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(1) - 高畑町バス停から百毫寺へ | トップページ | 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(3) - 百毫寺から奈良市写真美術館(新薬師寺の隣)へ »