« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(1) - 信貴山下駅からバスで信貴大橋バス停へ | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 »

2015年10月29日 (木)

信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(2) - 仁王門から猪上神社(いがみじんじゃ)、剱鎧護法堂 (けんがいごほうどう)、赤門へ

 

  信貴山へは奈良県側の王寺駅発のバスで登るという方法を選択しました。

信貴山と言えば戦国時代における松永久秀の信貴山城が有名ですが、今回はお城巡りではなく朝護孫子寺というお寺巡りが目的です。

現在は信貴山門バス停から開運橋を経るコースが表参道ですが、私が取ったコースは信貴大橋バス停下車で仁王門からの脇参道。

 

  仁王門から参道を行くと最初に猪上神社(いがみじんじゃ)に至ります。

そして信貴山観光iセンターから赤門に向かいます。

途中大きな「世界一福寅」という信貴山のシンボルとも言うべき大虎が迎えてくれます。

その前に大鳥居の手前を横道に入り剱鎧護法堂(けんがいごほうどう)へ寄り道。

そして再び参道に戻り、赤門へ。

 

  山内の見取り図。

  肝心の本堂が欠けてしまいましたが霊宝館の右外にあります。

Dsc01860

 

  仁王門。

Dsc01854

 

  途中、信貴大橋を望んで。

Dsc01855

Dsc01857

 

  猪上神社(いがみじんじゃ)。

  「神仏分離令により大正11年(1922)に現在の地に遷座。信貴山の総鎮守として、延喜式内に列した古社」(朝護孫子寺ホームページより)。

Dsc01858

Dsc01859

 

  信貴山観光iセンターの前にある小さめの福寅。

Dsc02029

 

  参道を振り返って。

Dsc01864

 

  寺院にも関わらず鳥居があちこちにあり神仏混淆の名残りが各所に見られます。

Dsc01863

 

  参道を奥に。

Dsc01867

 

  多聞天の扁額のある鳥居。

  大寅と遠くに見える本堂。

Dsc01870

Dsc01872

 

  剱鎧護法堂(けんがいごほうどう)へ寄り道します。

  国宝信貴山縁起絵巻の三巻のうちの一つに醍醐天皇の病気平癒の話(延喜加持の巻)があり、その中に登場するのが剣鎧をまとった童子(剣の護法)で、それが信仰の対象となっています。

Dsc01873

Dsc01875

Dsc01876

 

  社殿。

Dsc01880

 

  大寅は首が電動で動きます。

Dsc01881

Dsc01885

 

  赤門から入ります。

Dsc01887

  撮影 2015/10/18

|

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(1) - 信貴山下駅からバスで信貴大橋バス停へ | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(2) - 仁王門から猪上神社(いがみじんじゃ)、剱鎧護法堂 (けんがいごほうどう)、赤門へ:

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(1) - 信貴山下駅からバスで信貴大橋バス停へ | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 »