« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(2) - 萩の寺 百毫寺と境内からの展望 | トップページ | 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(1) - 宇治橋通り商店街を宇治橋へ »

2015年10月20日 (火)

奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(3) - 百毫寺から奈良市写真美術館(新薬師寺の隣)へ

 

  百毫寺を訪れるには時期が少し間違っていたかも知れないと思いつつ、ここを後にしました。

次は新薬師寺の隣にある入江泰吉記念奈良市写真美術館に向かいます。

今来た道を元に戻り、奈良教育大学の東にあたる道を北に歩きます。

百毫寺からは十数分といったところ。

前回、新薬師寺を訪れた際に写真美術館は展示替えでお休みだったので今回は再訪となります。

写真美術館では入江泰吉の写真などを感嘆しながら拝見し、かつ休憩も兼ねました。

喫茶店も備わっており本格的に休憩することもできます。

 

  そして、この後、高畑町交差点近くの破石町(わりいしちょう)バス停からバスでJR奈良駅に向かいJRに乗車。

まだ日も高いことからJR奈良線で宇治へ向かい宇治平等院に久し振りに寄ってみました。

 

  百毫寺の石段を下ります。

Dsc01626

 

  元来た道を引き返します。

Dsc01628

Dsc01629

 

  宅春日神社まで戻ってきました。

  少し探索。

  祭神は天児屋根命と比賣神。

Dsc01632

Dsc01633

 

  意外に立派なつくりです。

  なぜ「宅」なのかとすぐ考えましたが、昔、当地は「大宅郷」と呼ばれていたので春日大社の末社である当神社を「宅春日神社」と称するようになったとか。

Dsc01637

 

  本殿の屋根。

Dsc01640

Dsc01642

Dsc01643

 

  再び北に向かいます。

Dsc01644

 

  田園の中に新薬師寺が見えてきました。

Dsc01646_2

 

  真っ白い塀は奈良市写真美術館の塀です。

Dsc01648

 

  西側に回り込みます。

Dsc01656

 

  入江泰吉記念奈良市写真美術館。

Dsc01658

 

  入口を入り奥に喫茶店が併設されています。

  展示室は地下にあります。

  展示室の写真撮影はもちろん不可。

  一般:500円、高校・大学生:200円(高校生は土曜日無料)、小・中学生:100円(土曜日無料)。

Dsc01659

 

  庭に出てみました。

Dsc01660

 

  新薬師寺の方。

Dsc01662

 

  バス通りの破石町(わりいしちょう)バス停のある方向を望んで。

  白い車のある向こうが高畑町(たかばたけちょう)交差点。

  写っていませんが背中の方の奈良教育大学前に高畑町バス停があります。

Dsc01664

 

  循環バスでは無く学園前行きバスに乗車したためにJR奈良駅西口で下車。

Dsc01667

Dsc01668

 

  奈良駅西口の駅前。

Dsc01669

  撮影 2015/10/16

|

« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(2) - 萩の寺 百毫寺と境内からの展望 | トップページ | 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(1) - 宇治橋通り商店街を宇治橋へ »

京都、奈良」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(3) - 百毫寺から奈良市写真美術館(新薬師寺の隣)へ:

« 奈良を散策 百毫寺(びゃくごうじ)へ 2015年(2) - 萩の寺 百毫寺と境内からの展望 | トップページ | 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(1) - 宇治橋通り商店街を宇治橋へ »