« 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(3) - 塔頭寺院と観音堂  帰途につく | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(2) - 仁王門から猪上神社(いがみじんじゃ)、剱鎧護法堂 (けんがいごほうどう)、赤門へ »

2015年10月27日 (火)

信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(1) - 信貴山下駅からバスで信貴大橋バス停へ

 

  信貴山の朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は本尊が毘沙門天(多聞天とも)で「信貴山の毘沙門さん」として知られています。

物部守屋と争った聖徳太子が、討伐の途中当山に立ち寄り戦勝を祈願すると、毘沙門天王が出現し必勝の秘法を授かりました。

そして、その日が寅年、寅日、寅の刻であったために現在でも寅に縁のある神様として信仰されています(朝護孫子寺HPより改変)。

 

  さて、信貴山に登るには大阪方からと奈良方からの二通りあります。

大阪方からは近鉄大阪線の河内山本駅から近鉄信貴線で信貴山口駅へ。

信貴山口からは近鉄西信貴ケーブルで高安山へ。

高安山からはさらにバスで信貴山門バス停へという経路。

 

一方、奈良方からは関西線(大和路線)王寺駅北口からバスで信貴山バス停もしくは信貴大橋バス停、信貴山門バス停で下車。

私は勘違いをして信貴山下駅まで電車で行き、駅前からバスに乗り込みました。バスは王寺駅北口から直接出ていたのですね。

その後、運転手さんの案内通り信貴大橋バス停で下車。そして仁王門から山内に入りました。

 

  信貴山の場所。

  朝護孫子寺は信貴山の南山腹にあります。

 

  JR王寺駅の外に出たのは初めて。

Dsc01818

 

  西側に近鉄生駒線の近鉄王寺駅があります。

  東には近鉄の新王寺駅があります。

Dsc01820

 

  電車は普通のみで4両編成でした。

Dsc01821

Dsc01826

 

  一駅で信貴山下駅に到着。

Dsc01828

Dsc01832

 

  1983年まで近鉄東信貴ケーブルが存在しました。

Dsc01833

 

  バス停で待つこと数分で予定外のバスがやって来て困惑。

  土日祝日には臨時バス(信貴山のどか村行き 午前中3本、帰りの午後には5本)が運行されており、そのバスがやってきたのでした。

  信貴山のどか村行き臨時バス時刻表(平成27年9月19日(土)~11月29日(日)の土日祝日)。バスは王寺駅北口から出ています。

  奈良県側は奈良交通のバス。

Dsc01835

 

  信貴大橋バス停。

  信貴山下駅~信貴大橋間所要12分、大人260円でした。

  王寺駅北口からは所要18分~20分、360円。

Dsc01838

 

  すぐ目の前に駐車場があります。

Dsc01839

 

  バスは信貴大橋を渡り信貴山門バス停へ。

  臨時バスを除いても1時間に1本の運行があります。

Dsc01840

 

  向こうに見えるのは開運橋。

Dsc01843

Dsc01845

 

  駐車場には降りず仁王門へ向かいます。

Dsc01849

 

  仁王門の前にある千体地蔵。

Dsc02046

 

  仁王門。

  こちらからが正式な入山ルートと思われます。

Dsc01854

  撮影 2015/10/18

|

« 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(3) - 塔頭寺院と観音堂  帰途につく | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(2) - 仁王門から猪上神社(いがみじんじゃ)、剱鎧護法堂 (けんがいごほうどう)、赤門へ »

神社仏閣」カテゴリの記事

近畿地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/62552450

この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(1) - 信貴山下駅からバスで信貴大橋バス停へ:

« 奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(3) - 塔頭寺院と観音堂  帰途につく | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(2) - 仁王門から猪上神社(いがみじんじゃ)、剱鎧護法堂 (けんがいごほうどう)、赤門へ »