« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(20) - 帰途 白石城(宮城県白石市)に寄る(2) | トップページ | 奈良を散策 元興寺(がんごうじ)へ 2015年(2) - ならまち界隈を元興寺へ »

2015年10月 5日 (月)

奈良を散策 元興寺(がんごうじ)へ 2015年(1) - 興福寺を通り抜ける

 

  奈良市を久しぶりに訪れました。2011年9月以来です。

奈良県に限れば2013年に飛鳥を訪れて以来です。今回の目的は1999年以来の元興寺(がんごうじ)を訪れること。

 

  岐阜から奈良へ行くルートは京都経由と名古屋から近鉄経由(関西線ルートもある)の二通りで、今回は京都経由を取りました。

京都からは近鉄特急を利用し近鉄奈良駅へ。

元興寺へは興福寺を通り抜け猿沢池からさらに南へ行きます。

 

  京都駅近鉄線ホーム。

  「せんと君」が迎えてくれます。

  最近のJR「みやこ路快速」は満員状態で座れないこともあるので近鉄特急を選択。

  近鉄京都線を利用し奈良までは運賃が620円。JR京都~奈良間は運賃710円。

  京都~近鉄奈良間の特急料金は510円です。

  青春18きっぷなどの格安料金の切符がない場合は京都~奈良間の交通手段として近鉄は有力な選択肢となります。

Dsc01158

 

  近鉄奈良駅にて。

  近鉄奈良駅も久し振り。

Dsc01164

 

  近鉄奈良駅前。

  かなりの人出。

Dsc01174

 

  北参道から興福寺の境内に入りました。

Dsc01176

 

  再建工事中の中金堂。

Dsc01178

Dsc01196

 

  東金堂。

  現在の建物は応永22年(1415年)の再建で国宝。

  堂内には文殊菩薩など国宝の緒像や重文の像などが安置されています。

Dsc01182

 

  中門跡越しに南円堂。

Dsc01184

 

  東金堂。

Dsc01188

 

  中門跡越しに五重塔。

  五重塔は応永33年(1426年)頃の再建で国宝。

Dsc01195

 

  南円堂。

  現在の建物は寛政元年(1789年)頃の再建で重要文化財。

  ちなみに承元4年(1210年)頃の再建である北円堂は国宝。

  北円堂内の弥勒如来、無著・世親像なども国宝です。

Dsc01194

 

  石段を降り南円堂の下に。

Dsc01202

 

  国宝三重塔。

  治承4年(1180年)に被災しまもなく再建(興福寺HPより)。

Dsc01204

 

  猿沢池から五重塔。

  采女神社の祭礼采女祭りは中秋の名月に(今年は9月27日)催されます。

Dsc01209

 

  猿沢池の西端から「ならまち(奈良町)」に入ります。

Dsc01210

  撮影 2015/09/27

|

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(20) - 帰途 白石城(宮城県白石市)に寄る(2) | トップページ | 奈良を散策 元興寺(がんごうじ)へ 2015年(2) - ならまち界隈を元興寺へ »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策 元興寺(がんごうじ)へ 2015年(1) - 興福寺を通り抜ける:

« 夏の終わりに角館、松前を訪れる 2015年(20) - 帰途 白石城(宮城県白石市)に寄る(2) | トップページ | 奈良を散策 元興寺(がんごうじ)へ 2015年(2) - ならまち界隈を元興寺へ »