« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔 | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(2) - 西明寺(2)国宝本堂と国宝三重塔など »

2015年11月29日 (日)

湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(1) - 西明寺(さいみょうじ)(1)バス停から本坊前(中門)まで

 

  湖東三山の紅葉は長年の夢でしたが、今年の紅葉はどうも不作の年に当たっているようで、少し遅めの紅葉ということも相まって、燃えるような紅葉にはお目にかかることができませんでした。

 

  湖東三山とは滋賀県の湖東の山沿いに連なる西明寺(さいみょうじ)、金剛輪寺(こんごうりんじ)、百済寺(ひゃくさいじ)の三ヵ寺を指します。

アクセスは良くなく、普段ですと徒歩旅行者は予約制の相乗りタクシーぐらいしか交通手段が無く、かなり不便な場所です。

ただし紅葉の時期のみシャトルバスが運行され、多くの人がこのバスを利用して三山を訪れます。

今年は11月21日から29日までの期間で、シャトルバスが彦根駅~西明寺~金剛輪寺~百済寺間を1日に5往復、また百済寺~永源寺間を別のシャトルバスが1日に5往復運行されました。

期間中にこれらのシャトルバスと永源寺~八日市駅(近江鉄道)間の路線バス、近江鉄道八日市駅~近江八幡駅間が1日乗り放題の「もみじきっぷ」が発売され、これを利用すると湖東三山と永源寺を効率よく巡ることができます。

今回の旅は「もみじきっぷ」で彦根駅→西明寺→金剛輪寺→百済寺→永源寺→近江鉄道八日市駅→近江八幡駅の順で巡りました。

「もみじきっぷ」は大人1800円、こども900円でした。

 

  彦根駅を9時発のシャトルバスは西明寺に9時30分に到着。

  40席ほどのバスで満員でしたが立ち客は出ませんでした。

Dsc03168

 

  停留所の前にすぐ総門があります。

  観光バスや自家用車の駐車場、また食事処もあります。

Dsc03169

Dsc03171

 

  総門はまだ新しそうです。

Dsc03173

 

  総門を入るとすぐに拝観受付があります。

  拝観料大人600円、「もみじきっぷ」を提示すると50円引き。

Dsc03174

 

  左に入ると「不断桜」なるものがあります。

Dsc03176

 

  十一月に満開とありますが遅かったみたいです。

Dsc03181

 

  総門と拝観受付を振り返って。

Dsc03183

 

  名神高速道路が参道の下を通っています。

Dsc03187

 

  こんな感じで参道が続きます。

  この日は三山とも散々石段を登りました。

Dsc03189

 

  肝心の紅葉は終わり一歩手前。

  と言いながら色付いていない木々もあり不作と言われても仕様が無い状態。

Dsc03192

 

  西明寺は意外に苔が多く大事にされているようです。

Dsc03190

 

  三山とも石垣があちこちに見られます。

Dsc03194

 

  とにかく三山とも本堂までの道のりが遠い。

Dsc03198

Dsc03199

 

  やっと本坊の中門まで来ました。

Dsc03207_2

 

  中門前から山門の二天門が見えます。

Dsc03209

  撮影 2015/11/28

|

« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔 | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(2) - 西明寺(2)国宝本堂と国宝三重塔など »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(1) - 西明寺(さいみょうじ)(1)バス停から本坊前(中門)まで:

« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔 | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(2) - 西明寺(2)国宝本堂と国宝三重塔など »