« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(3) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(1) | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(1) - 西明寺(さいみょうじ)(1)バス停から本坊前(中門)まで »

2015年11月26日 (木)

当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔

 

  当尾(とうの)の里は京都府に属しますが、南は奈良市に接しており、それだけ奈良との繋がりが深く、古くから南都仏教の影響を受けているそうです。

現在も浄瑠璃寺へは奈良から浄瑠璃寺(浄瑠璃寺行き)、浄瑠璃寺口(加茂駅行き)へのバスが主なアクセスとなっています。

他にはJR加茂駅から木津川市のコミュニティバスが岩船寺、浄瑠璃寺を経る路線を運行しています。

今回はそのうちJR加茂駅からのバスを利用し、最初は岩船寺を訪れ、さらに浄瑠璃寺に向かいました。

 

  浄瑠璃寺は浄土庭園の形式。

  「東にある三重塔には現実の苦悩を救い、西方浄土へ送り出す薬師仏があり、煩悩の河を超えて彼岸にある未来をめざし精進する。そうすれば西の阿弥陀仏に迎えられ西方浄土へ至ることができる(浄瑠璃寺パンフレットより改)」。

  国宝の三重塔は1178年(治承2年)京都の一条大宮から移築されたもの。

Dsc03032

Dsc03038

 

  浄瑠璃寺は別名九体寺とも言います。

Dsc03044

 

  山門を振り返って

Dsc03046

 

  池の左手から三重塔へ。

Dsc03047

 

  三重塔前から向かい側の本堂(九体阿弥陀堂)。

Dsc03051

Dsc03066

Dsc03068

 

  本堂の九体阿弥陀堂は国宝。藤原時代(パンフより)の建築。

  また対になっている二つの石灯籠は南北朝時代のもので重文。

Dsc03079

 

  池を時計回りに歩きました。

Dsc03093

Dsc03095

 

  本堂前に戻って。

  本堂を拝観します。

  本堂のみ拝観料が必要で大人400円。

Dsc03098

Dsc03108

 

  一度本堂の裏側を歩いて反対側から本堂内に入ります。振り返って。

Dsc03105

 

  本堂反対側。

  本堂内の写真はありません。

Dsc03107

 

  門前に帰ります。

  ちょうどお昼時の12時台ですが、奈良へのバスは12時台のみありません。

  取りあえず昼食を軽く取り、再び岩船寺からJR加茂駅に向かうバスに乗り込みました。

Dsc03110

Dsc03112

Dsc03114

Dsc03116

 

  JR加茂駅にて。いったん奈良へJRで向かいました。

  加茂駅から以東、亀山までは関西線非電化区間です。

Dsc03118

  撮影 2015/11/19

|

« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(3) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(1) | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(1) - 西明寺(さいみょうじ)(1)バス停から本坊前(中門)まで »

近畿地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔:

« 当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(3) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(1) | トップページ | 湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(1) - 西明寺(さいみょうじ)(1)バス停から本坊前(中門)まで »