« 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(2) - 一山の総門である大門(だいもん)辺り | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(4) - 壇上伽藍(だんじょうがらん)(2)金堂、根本大塔、東塔など »

2015年11月 9日 (月)

紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(3) - 壇上伽藍(だんじょうがらん)(1)中門、金堂、西塔など

 

  高野山での見どころは数多くありますが、個人差を考えても絶対外せないという場所が何カ所かあります。

下の地図では六カ所に黄色く着色されていますが、これが多少の目安になります。

 

  地図は下が北で右が西。

最も西に位置するのが一山の総門である①大門(だいもん)です。

東(地図では左)に歩いて、もしくはバスで行くと金堂や根本大塔など諸堂が集中している②壇上伽藍(だんじょうがらん)があります。

そして、その東に③金剛峯寺(こんごうぶじ)。

さらに東に行くと御廟のある④奥の院です。

また、町の中心の千手院橋あたりから南に5分ぐらい歩くと国宝の多宝塔を擁する⑤金剛三昧院があります。

そして高野山駅とのバスの往復の途中にある⑥徳川家霊台。

これが下の地図で着色されている六ケ所です。

 

  他には宝物館である霊宝館、謡曲などで登場する刈萱堂(かるかやどう)、大師教会、女人堂などが見どころと言えます。

このうち私が訪れたのは順に大門→壇上伽藍→霊宝館→金剛峯寺→金剛三昧院→奥の院→刈萱堂→徳川家霊台(時間切れで入れず)。

時間で言うと11時から4時半頃まで5時間半の所要でした。

そして高野山駅前の食堂で食事をして後、17時発のケーブルカーで高野山を後にしました。

Dsc02556

 

  大門から徒歩で10分足らず、壇上伽藍の中門前にやって来ました。

  壇上伽藍は「高野山全体を金剛峯寺という寺院と見たとき、その境内地の核にあたる場所で」、「古来より大師入定の地である奥の院と並んで信仰の中心として大切にされてき(金剛峯寺ホームページより)」た場所。

  「天保14(1843)年に焼失した壇上伽藍の中門が172年ぶりに再建され」たことが「南海電車 高野山開創1200年特設サイト」にあり、今年(2015年)、平成27年4月2日(木)に開創大法会開白・中門落慶大曼荼羅供が執り行われたそうです。

Dsc02440

 

  中門を入ると金堂。

  金堂は高野山全体の総本堂。

  昭和元年(1926年)に焼失、昭和7年(1932年)に再建された。7度目の再建になるそうです(鉄骨鉄筋コンクリート構造)。

  本尊の阿閦如来(薬師如来、秘仏)は再建時に高村光雲仏師により造立されました。

  拝観料200円。

Dsc02446

 

  中門を内側から。

Dsc02457

 

  金堂の拝観を後にして左手の御社(みやしろ)へ。

Dsc02459

 

  御社の拝殿として建立された山王院。

  文禄3年(1594年)の再建。

Dsc02462

Dsc02463

 

  弘仁10年(819年)に高野山の鎮守として勧請されました。

  現在の建物は文禄3年(1594年)の再建。

Dsc02468

 

  その右手奥にある西塔。

Dsc02470

Dsc02481

 

  現在の塔は天保5年(1834年)の再建で重要文化財。

Dsc02473

 

  東に見える根本大塔。

Dsc02477

 

  西塔前から。

Dsc02479

 

 

  孔雀堂。

  昭和元年(1926年)に焼失し昭和58年(1983年)に再建されました。

  本尊は快慶作の孔雀明王像。

Dsc02487

 

  准胝堂(じゅんていどう)。

  明治16年(1883年)の再建。

  本尊は准胝観音。

Dsc02490

 

  御影堂(みえどう)。

  弘化4年(1847年)の再建。

  本尊は掛け軸の大師像だそうです。

Dsc02495

 

  三つのお堂と根本大塔。

Dsc02483

  撮影 2015/11/06

|

« 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(2) - 一山の総門である大門(だいもん)辺り | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(4) - 壇上伽藍(だんじょうがらん)(2)金堂、根本大塔、東塔など »

近畿地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(3) - 壇上伽藍(だんじょうがらん)(1)中門、金堂、西塔など:

« 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(2) - 一山の総門である大門(だいもん)辺り | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(4) - 壇上伽藍(だんじょうがらん)(2)金堂、根本大塔、東塔など »