« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(4) - 三重塔から多宝塔を経て本堂へ | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(1) - 南海電鉄高野線で高野山へ »

2015年11月 4日 (水)

信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(5) - 本堂、霊宝館から千手院、バスで下山

 

 

  信貴山朝護孫子寺を訪れてみて感じたのは古くからの神仏混淆が現在でも行われている寺院であるということでした。

もちろん明治の神仏分離令以前はどの寺院も同じように神仏混淆が行われていたので不思議ではないのですが。

さらに朝護孫子寺では本尊が毘沙門天という仏神であるのも特徴的でした。

したがって境内への鳥居には多聞天(毘沙門天)という扁額がかかっています。

また真言系のお寺さんなので加持祈祷もされます。

宗教には全く素人の私の目から見ると、当山では多くの宗教的要素が凝縮されているという様子に見えます。

このあたり、上手く説明できないのは残念です。

 

  本堂と舞台。

Dsc01988

 

  舞台からの大和平野の眺望。

Dsc01979

 

  玉蔵院の三重塔と地蔵尊が遠くに見えます。

Dsc01987

 

  本堂横で座って休憩ができます。

Dsc01990

 

  本堂への石段。

Dsc01991

 

  本堂への登り口横にある経蔵堂。

Dsc01994

 

  その奥に霊宝館(宝物館)があります。もちろん入ってみました。

  拝観料は大人300円、小人(小学生、中学生)200円。

  目玉としては国宝信貴山縁起絵巻のレプリカとその内容、説明や他の宝物など。

Dsc01995

 

  空鉢護法(くうはつごほう)の説明。

  信貴山山頂に空鉢護法(堂)があります。

Dsc01996

 

  成福院の建物に突き当り左に。

Dsc01997

 

  上を見上げると多宝塔が見えます。

Dsc02001

Dsc02003

 

  千手院へ。

Dsc02004

 

  千手院の建物。

Dsc02005

 

  加持祈祷が行われていました。

Dsc02009

Dsc02013

 

  千手院を後にします。

Dsc02014

 

  最初の所に戻ってきました。

Dsc02015

Dsc02020

 

  表参道の開運橋。

  こちらへ行くと信貴山門バス停に至ります。

Dsc02025

Dsc02024

Dsc02031

 

  信貴大橋バス停に向かいます。

Dsc02032

 

  信貴大橋(信貴山本山)バス停。

Dsc02037

 

  信貴大橋からバス停の信貴山門行きバス。

Dsc02049

 

  バスは王寺駅発着です。

  しかし、なぜか最後まで勘違いをしていて近鉄の信貴山下駅で下車。

Dsc02056

 

  近鉄王寺駅にて。

  ここからJRで奈良方面に向かいました。

Dsc02060

  撮影 2015/10/18

|

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(4) - 三重塔から多宝塔を経て本堂へ | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(1) - 南海電鉄高野線で高野山へ »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(5) - 本堂、霊宝館から千手院、バスで下山:

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(4) - 三重塔から多宝塔を経て本堂へ | トップページ | 紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(1) - 南海電鉄高野線で高野山へ »