« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(5) - 本堂、霊宝館から千手院、バスで下山 »

2015年11月 2日 (月)

信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(4) - 三重塔から多宝塔を経て本堂へ

 

  三重塔からは高台を行くことになります。

途中の行者堂横からは信貴山山頂にある空鉢護法(くうはつごほう)に向かう登山道があります。

多宝塔から少し下りると本堂へはすぐ。

本堂からは大和平野を見渡すことができます。

Dsc02031_2

 

  山内塔頭の成福院、玉蔵院を経て石段を登ると三重塔があります。

Dsc01918

 

  ここで視界が開けて本堂を望むことができます。

Dsc01919

 

  日本一大地蔵。

  三重塔、地蔵尊は塔頭である玉蔵院の施設です。

Dsc01921

 

  順に本堂の方向へ向かいます。

Dsc01924

Dsc01925

Dsc01926

 

  多宝塔まで来ました。

Dsc01928

Dsc01935

 

  多宝塔は元禄2年(1689)に建立されたもの。

Dsc01942

 

  多宝塔の向かい側にある鐘楼堂。

  貞享4年(1687)の再建。

Dsc01940

 

  本堂はすぐのところ。

  信貴山は紅葉の名所です。

  当日は10月18日。

  この記事を書いている11月初めはかなり色付いているでしょう。

Dsc01949

 

  本堂。

  「文禄年中(1592)豊臣秀吉により再建、または慶長7年(1602)秀頼の再建とする説があり、定かではありません。」(信貴山朝護孫子寺ホームページより)。

Dsc01951_2

Dsc01960

 

  先ほどの玉蔵院の地蔵尊と三重塔が見えます。

Dsc01962

 

  実際の距離感はこんな感じ。

Dsc01963

Dsc01965

 

  本堂正面。

  舞台造りとなっています。

Dsc01974

 

  本堂舞台からは大和平野が望めます。

Dsc01982

  撮影 2015/10/18

|

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(5) - 本堂、霊宝館から千手院、バスで下山 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(4) - 三重塔から多宝塔を経て本堂へ:

« 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(3) - 山内塔頭 成福院から玉蔵院 | トップページ | 信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))2015年(5) - 本堂、霊宝館から千手院、バスで下山 »