« 奈良を散策 般若寺と東大寺 2015年10月末日(2) - コスモス寺の般若寺(はんにゃじ)(2) | トップページ | 関西線非電化区間 2015年 - 木津駅、加茂駅、柘植駅など »

2015年12月16日 (水)

奈良を散策 般若寺と東大寺 2015年10月末日(3) - コスモス寺の般若寺(はんにゃじ)(3)

 

  般若寺の境内には般若寺と所縁(ゆかり)のある人物の供養塔や文化財が点在しています。

けっして広い境内では無いのですが、そんな供養塔などをさがしながらコスモスの間を歩いていると、つい時間が過ぎるのも忘れてしまいます。

 

  十三重石塔。建長5年(1253年)頃の建立。

Dsc02187

 

  中興上人良恵大徳供養塔。

  般若寺は平重衡の南都焼き討ちにより焼失。

  それを鎌倉時代の13世紀半ばに再興しました。

  復興を発願したのが良恵(慧)上人。(般若寺ホームページ参照)

Dsc02189

 

  大塔宮(だいとうのみや / おおとうのみや)護良親王(もりよししんのう / もりながしんのう)の供養塔。

  後醍醐天皇の皇子で後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕運動である元弘の乱に参戦し笠置城落城後一時般若寺に潜伏しました。

  そういう所縁(ゆかり)のある人物です。

Dsc02192

Dsc02194

 

  平重衡は平清盛の五男。

  治承四年(1180年)「以仁王(もちひとおう)の乱」を平定した後大軍を率いて南都に向かい、般若寺で興福寺衆徒と戦い般若寺以下東大寺、興福寺など南都の大伽藍を焼き尽くしました。

   後日、「一ノ谷」で平氏は源氏に敗れ平重衡は囚われの身となり鎌倉に送られます。

  しかし、平重衡を恨んでいた南都の大衆は身柄を引き取り、木津川の河原で処刑し、その首を持ち帰り般若寺の門前に曝したという。(説明板より抜粋)

Dsc02195

Dsc02197

 

  十三重石塔と後ろに経蔵。

Dsc02200

 

  本堂。

Dsc02206

 

  楼門。

Dsc02210

Dsc02214

Dsc02216

 

  藤原頼長は「保元の乱」(保元元年(1156年))の謀首とされ、合戦の最中流矢が首に刺さり、興福寺まで逃れたが落命。

  般若寺の近く「般若山のほとり」の葬られる。(説明板から抜粋)

Dsc02220

Dsc02221

 

  笠塔婆。重文。

Dsc02225

Dsc02227

 

  般若寺宝蔵堂での「白鳳阿弥陀仏寺宝特別公開」を拝観。

  別途200円。

Dsc02229

Dsc02235

 

  般若寺宝蔵堂。

  入口前の銅鑼(どら)を控えめに鳴らすと中から引き戸を開けて頂けます。

  阿弥陀如来、胎内仏三尊(ともに重文)などが拝観できます。

Dsc02234

 

  かなり傷んでいる鎮守社。

Dsc02236

Dsc02238

  撮影 2015/10/31

|

« 奈良を散策 般若寺と東大寺 2015年10月末日(2) - コスモス寺の般若寺(はんにゃじ)(2) | トップページ | 関西線非電化区間 2015年 - 木津駅、加茂駅、柘植駅など »

京都、奈良」カテゴリの記事

季節の花」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/62864468

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策 般若寺と東大寺 2015年10月末日(3) - コスモス寺の般若寺(はんにゃじ)(3):

« 奈良を散策 般若寺と東大寺 2015年10月末日(2) - コスモス寺の般若寺(はんにゃじ)(2) | トップページ | 関西線非電化区間 2015年 - 木津駅、加茂駅、柘植駅など »