« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(70)2015年8月 - 清大寺(越前大仏 福井県勝山市)の五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(72) - 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)の塔頭寺院 玉蔵院の三重塔 »

2016年1月12日 (火)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(71)2015年10月 - 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))の多宝塔

 

  朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は大阪府と境を接している奈良県の信貴山にあります。

奈良県側からはJR関西線王寺駅から路線バスがあり、また大阪側からはケーブルカーとバスを乗り継いで行くことができます。

この日はJRで王寺駅に至り、ここからなぜ勘違いをしたのは分かりませんが、近鉄生駒線で信貴山下駅に向かい、そこからバスで信貴山に向かうという摩訶不思議な経路を取りました。

 

  近鉄生駒線王寺駅。

Dsc01822

 

  王寺駅から一駅の信貴山下駅前のバス停。

Dsc01837

 

  朝護孫子寺は信貴山の山腹にあり、広大で起伏に富んだ寺院です。

  信貴山は信貴山城跡で知られており、天正5年(1577年)、城主の松永久秀は織田軍に攻められ自殺しました。

  その際、朝護孫子寺も焼失。

Dsc01885

 

   大寅。

  「信貴山の毘沙門さん」と虎は切り離すことができません。

  伝承で「聖徳太子は、物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。

  太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でありました。(ホームページより引用)」。

  このことから虎は縁起が良いとされています。

Dsc01882

 

  本堂が向こうに見えます。

Dsc01917

 

  本堂へ向かう途中に多宝塔があります。

  元禄2年(1689)の建立。

Dsc01934

Dsc01941

 

  本堂。

Dsc01955

 

  本堂舞台からの大和平野の眺望。

Dsc01979

  撮影 2015/10/18

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(70)2015年8月 - 清大寺(越前大仏 福井県勝山市)の五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(72) - 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)の塔頭寺院 玉蔵院の三重塔 »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(71)2015年10月 - 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ 奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう))の多宝塔:

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(70)2015年8月 - 清大寺(越前大仏 福井県勝山市)の五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(72) - 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)の塔頭寺院 玉蔵院の三重塔 »