« 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 出石への行き帰り | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 »

2016年2月15日 (月)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(75) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 壇上伽藍の東塔

 

  2015年11月の初旬に、岐阜から高野山へ日帰り旅行をするという、かなり無謀な旅行を決行しました。

旅行前に様々なシュミレーションをしてみましたが、名古屋から近鉄特急を利用して大阪難波で南海電車に乗り換えるのがベストと判断しこれを採用。

ただし、近鉄名古屋駅を6時前に出発する名阪特急は平日のみの運行です。

失敗したのは南海電車での特急券の取得で、紅葉シーズンのこの時期には二、三日前に予約しておかなければとても無理な話で、したがって、橋本~極楽橋間の普通電車では往復とも立ちっぱなしという運命を甘受しなければなりませんでした。

ちなみに、橋本~極楽橋間の所要時間は40分です。

 

  さて、高野山の壇上伽藍(だんじょうがらん)は諸堂の集まる一山の中心部分です。

高野山の総本堂である金堂を始めとして多くの諸堂が集まり、西塔、根本大塔、東塔などもその中に含まれます。

 

  そのうち東塔は天保14年(1843年)に焼失して以後、長い間再建されることはありませんでしたが、140年後の昭和59年(1984年)にやっと再建されました。

Dsc02523

 

  東塔前から西の方。

  左端に金堂、その右に大きな根本大塔が見えます。

Dsc02528

Dsc02525

Dsc02529

 

  高野山で紅葉が最も美しいと言われる蛇腹の道。

Dsc02532

 

  蛇腹の道は東塔(壇上伽藍)から金剛峯寺に至る道。

Dsc02533

Dsc02531

Dsc02538

 

  蛇腹の道を東に抜けると「六時の鐘」があります。

Dsc02541

 

  「六時の鐘」は福島正則が父母の追福菩提を祈って、元和4年(1618年)に建立された鐘楼。

Dsc02544

 

  蛇腹の道を振り返って。

Dsc02543

 

  さらに東には金剛峯寺の入り口があります。

Dsc02545

  撮影 2015/11/06

|

« 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 出石への行き帰り | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(75) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 壇上伽藍の東塔:

« 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 出石への行き帰り | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 »