« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(6) - 辰鼓楼(しんころう)と大手前通り | トップページ | 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ »

2016年2月 1日 (月)

雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(7) - 城下町散策 宵田通りの出石資料館

 

  辰鼓楼(しんころう)付近にはお店が多く、とくに皿そばのお店が多いのが出石の特徴です。

出石に着いてからちょうど1時間ほどたち、お昼には皿そばをと近くのお店に入りました。

皿そばは基本五皿で、あとは追加して楽しみます。美味しかったです。

 

  この後、大手前通りを北に向かい、辰鼓楼から三本目の東西の通りである宵田(よいだ)通りを東へ。

こちらには出石資料館があります。

拝観料は大人300円ですが、家老屋敷、明治館と合わせた三館共通券で400円、これを購入しました。

明治時代の豪商、福富家の旧邸を開放し、土蔵などに資料を展示したのが出石資料館です。

 

  辰鼓楼のある大手前通りは多くのお店が並んでいます。

Dsc03948

 

  出石の皿そば。

Dsc03952

Dsc03954

 

  辰鼓楼とともに遠くに出石城本丸の西隅櫓が遠望できます。

Dsc03959

 

  辰鼓楼から北に三本目の東西の道路が宵田(よいだ)通り。

Dsc03960

 

  東に向けて(辰鼓楼からは右へ)歩いて行くと北側に出石資料館があります。

Dsc03964

 

  資料館は旧福富邸を使用しています。

Dsc03963

 

  雑な撮り方になってしまいましたが・・・。

Dsc03966

Dsc03970

 

  贅沢な作りの家です。

Dsc03972

Dsc03975

Dsc03978

 

  土蔵の中だけは撮影禁止で写真はありません。

  仙石騒動の資料の展示など資料館一番の見どころとも言えます。

Dsc03980

 

  台所を抜けて玄関へ。

Dsc03982

 

  前後しますが部屋の中にあった大時計。

  8時で止まっているようです。

Dsc03973

 

  出石資料館と宵田(よいだ)通りを振り返って。

  さらに東に向かいます

Dsc03984

 

  東は突き当りとなり、その角に赤い土壁の酒蔵。

Dsc03983

  撮影 2016/01/22

|

« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(6) - 辰鼓楼(しんころう)と大手前通り | トップページ | 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ »

近畿地方」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(7) - 城下町散策 宵田通りの出石資料館:

« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(6) - 辰鼓楼(しんころう)と大手前通り | トップページ | 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ »