« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ | トップページ | 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)豊岡駅 »

2016年2月 9日 (火)

雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(9) - 城下町を散策 永楽館と家老屋敷 豊岡駅に戻る

 

  出石の町の西の端ともいうべき谷山川の畔にある「おりゅう灯籠」を訪れた後、再び田結庄(たいのしょう)通りに戻るとお城のある南に向かいました。

この通りは南で福成寺に突き当たります。

通りをその手前で西に入ると芝居小屋の出石永楽館があります。

永楽館を拝観後、田結庄(たいのしょう)通りを南へ福成寺に突き当り、東に(左)に行くと出石城西門跡の石垣の続きに家老屋敷の長屋門があります。

門内の敷地には家老屋敷、伊藤清永(出石出身の洋画家)記念館と喫茶店があり、そのうちの家老屋敷を拝観して今回の出石の散策を終えました。

 

  谷山川河畔の「おりゅう灯籠」

Dsc04020

 

  田結庄(たいのしょう)通りに面した出石永楽館。

  奥にある建物が永楽館。

Dsc04021

 

  中から田結庄(たいのしょう)通りを振り返って。

Dsc04022

 

  出石永楽館は明治34年に開館した芝居小屋。

  平成20年に蘇りました。大人300円。

Dsc04045

 

  奈落。

  回り舞台。

Dsc04050

Dsc04051

Dsc04058

 

  歌舞伎公演が行われることもあります。

Dsc04062

 

  去年(2015年(平成27年))11月の永楽館歌舞伎の看板。

Dsc04064

 

  福成寺に突き当たります。

Dsc04024

 

  左を向くと出石城西門跡の石垣とそれに続く土塀と長屋門。

Dsc04025

 

  長屋門。

  門内の敷地内にある家老屋敷は江戸後期の上級武士の居宅。

Dsc03766

 

  家老屋敷。

Dsc04044

 

  家老屋敷入口。

  家老屋敷(大人100円)、明治館(大人100円)、出石資料館(大人300円)の3館共通券は大人400円。

Dsc04032

 

  左から喫茶店と出石出身の洋画家である伊藤清永記念館。

  伊藤清永記念館は大人500円。

Dsc04042

 

  家老屋敷内部。

Dsc04034

 

  外見は平屋に見えますが隠れ二階とも言うべき部屋があります。

Dsc04036

Dsc04037

 

  既出ですが、出石バス停と出石城本丸西隅櫓。

Dsc03748

 

  豊岡駅前に戻ってきました。時計が3時を指しています。

  あとはひたすら岐阜まで帰りました。

  出石(豊岡)はさすがに遠い。

Dsc04066

  撮影 2016/01/22

|

« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ | トップページ | 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)豊岡駅 »

歴史的建築物」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

近畿地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/63160007

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(9) - 城下町を散策 永楽館と家老屋敷 豊岡駅に戻る:

« 雪の出石(いずし)城跡と城下町(兵庫県豊岡市出石町)2016年1月(8) - 城下町を散策 酒蔵、明治館からおりゅう灯籠へ | トップページ | 豊岡駅にて(兵庫県豊岡市)2016年1月 - 京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)豊岡駅 »