« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 | トップページ | (続々)岐阜市内(岐阜県岐阜市)を散策2016年2月(2) - 柳ケ瀬を通り抜け金(こがね)神社へ »

2016年2月19日 (金)

(続々)岐阜市内(岐阜県岐阜市)を散策2016年2月(1) - 橿森神社(かしもりじんじゃ)

 

  三度(みたび)岐阜市内を散策してみました。

前回、前々回と重複する部分もあります。

今回は、まず橿森神社を出発地として柳ケ瀬商店街を通り抜け金(こがね)神社を徒歩で訪れ、さらにバスで伊奈波神社へ。

伊奈波神社からは再び徒歩で本町から岐阜公園を過ぎ、長良橋から古い町並みの川原町を訪れました。

 

  橿森神社(かしもりじんじゃ)は、岐阜城天守閣を頂く金華山から尾根伝いにある上加納山(水道山)の南西麓にあります。

主祭神は市隼雄命(いちはやおのみこと)。

市内にある伊奈波(いなば)神社には市隼雄命の父である五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)が、同じく市内の金(こがね)神社には母の淳熨斗媛命(ぬのしひめのみこと)が祭られていることから、この三社は親子の神社とみなされています。

したがって、毎年4月の岐阜祭りは伊奈波神社、金神社、橿森神社の(共同)例祭となっています。

 

  上加納山の尾根の南西麓に粕森公園(かしもりこうえん 字が異なるが公園はこう書く)が整備されています。

Dsc04098

 

  地図上ではこんな位置。

  上が東、左が北、右が南、下が西。

Dsc04099

Dsc04103

Dsc04105

 

  御薗(みその)の榎(えのき)。

  織田信長が推し進めた楽市楽座と縁があり、「この榎は、楽市場(上加納村御薗)に市神としてあったもの」だそうです。

  現在の榎は三代目とか。

Dsc04108

 

  下の地図は現在の美園町の町割り。

  信長時代の御薗(みその)とのはっきりとした位置関係はわかりませんが、このあたりにあったのでしょう。

 

  「明治初年の道路改修工事に際して現在の場所に移植された」とあります。

Dsc04151

Dsc04111

 

  鳥居の前横にあるたぶの木。

Dsc04117

Dsc04126

 

  また境内には京都の建勲(たけいさお)神社から明治時代に勧請した岐阜信長神社(建勲神社)があります。

  建勲(たけいさお)神社は「けんくんじんじゃ」とも呼びます。

Dsc04114

Dsc04119

Dsc04127

Dsc04148

 

  橿森神社の社殿は石段の上、右側にあります。

Dsc04130

Dsc04131

 

  素朴な社殿。

Dsc04135

Dsc04136

 

  末社の稲荷社、秋葉社、琴平社があります。

Dsc04137

Dsc04138

 

  駒の爪岩。

  「大昔神人が駒にのってこの地にくだり、この岩に爪あとを残したといういわれからこの名が出ている」(案内板より)。

Dsc04139

 

  社殿前から。

Dsc04143

 

  建勲神社の横にある打出の小槌。

Dsc04144

Dsc04149

 

  西に向かいます。

  振り返って。

Dsc04157

  撮影 2016/02/18

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 | トップページ | (続々)岐阜市内(岐阜県岐阜市)を散策2016年2月(2) - 柳ケ瀬を通り抜け金(こがね)神社へ »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/63231069

この記事へのトラックバック一覧です: (続々)岐阜市内(岐阜県岐阜市)を散策2016年2月(1) - 橿森神社(かしもりじんじゃ):

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(76) - 高野山(和歌山県伊都郡高野町) 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の国宝多宝塔 | トップページ | (続々)岐阜市内(岐阜県岐阜市)を散策2016年2月(2) - 柳ケ瀬を通り抜け金(こがね)神社へ »