« 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(1) - 北陸線経由で近江高島へ | トップページ | 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(3) - 大溝陣屋総門と町割り水路のある町並み »

2016年3月15日 (火)

近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(2) - 分部神社と大溝城跡の本丸天守台石垣

 

  まず「近江高島ってどこ?」という疑問に答えられる地図を示しておきます。

近江高島駅はJR湖西線の駅で基本的に昼間帯では上り下りとも新快速、普通各1本が停車します。

京都からは新快速で所要38分ほど。

高島市に属しますが市役所の最寄りの駅は新旭駅。

 

  駅前の巨大なガリバー像は市内に「ガリバー青少年旅行村」があることからのようです。

Dsc04581_2

 

  もう少し判り易い地図。

Dsc04774_2

 

  分部神社。

  祭神は大溝藩藩祖の分部光信(わけべみつのぶ)公。

  明治11年(1878年)公許、明治13年(1880年)落成。(滋賀県神社庁ホームページより)

 

  分部光信は伊勢上野藩の第2代藩主で分部家2代。

  光信は二条城、駿府城、大坂城、佐和山城の普請、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣での功、翌年の夏の陣での功などで元和5年(1619年)に大溝藩2万石の大名として入部。

  以後12代にわたり大溝藩の藩主家であり続け明治維新を迎えました。

Dsc04584

Dsc04585

Dsc04588

Dsc04592

 

  分部神社から道路を先に進むと三の丸跡。

Dsc04593

 

  建物は介護老人保健施設陽光の里。

Dsc04596

 

  施設の横をすり抜けて小道を行きます。

Dsc04598

 

  だだっ広い城跡に本丸天守台の石垣が残っています。

Dsc04602

Dsc04656

 

  介護老人保健施設 陽光の里の建物を背中に背負いながら。

Dsc04604

 

  発掘調査でしょうか。

Dsc04606

 

  西側から。

Dsc04611

 

  まだ西側から。

Dsc04613

Dsc04617

 

  北側の部分。

Dsc04618

 

  北側から。

Dsc04621

 

  東側に回り込みました。

Dsc04624

Dsc04625

 

  東側。

Dsc04628

 

  南側に回り込もうとしています。

Dsc04630

 

  天守台跡に登ってみました。

Dsc04632

Dsc04633

 

  妙に大きな石があちこちに。

Dsc04635

 

  乙女ヶ池の方向。

Dsc04639

 

  大溝城とお初

 

  大溝城は、織田信長が安土に壮大な城を築いていた頃甥の信澄に築城させた城で、琵琶湖とその内湖を巧みに取り込んだ水城です。

設計は明智光秀と伝えられています。浅井三姉妹お初は京極高次の正室としてこの大溝城で新婚生活を送り、水清く緑豊かな高島、ことに雪深い冬の風物を、厳しい中にも心豊かな郷土として楽しんだ事でしょう。

姉妹には数奇な運命を送った姉お茶々(淀殿・豊臣秀吉側室)、妹お江(崇源院・徳川秀忠継室)がいます。

お初は名門京極家の正室として生涯を全うしましたが、大坂冬の陣では姉の側にいて家康の側室阿茶の局と共に徳川豊臣の和睦に尽力するなど優れた能力を発揮しました。

室町幕府の四職に列した名門京極家の女あるじとして一族の繁栄と家名の維持に努めた戦国時代には稀な才女であったとも言えます。

戦国一の美女と謳われた母お市の方の美貌と知性を受け継いだ初はまた非常な美声の持ち主であったと伝えられています。

高次の死後、常高院となり生涯高次の弔ったあと京極家の江戸屋敷で天寿を全うしました。(享年六十六歳)


    平成二十三年三月

                                                                   高島地域まちづくり委員会

Dsc04651

 

  昨日の記事の案内板と同じ内容の案内板です。

  文章的には細かい相違がありますがほぼ同じ内容です。 

Dsc04653

 

  乙女ヶ池。

Dsc04664

 

  天守台跡への正式な登り口は南側のこちら。

Dsc04675

 

  ここから町への散策に向かいます。

Dsc04679

  撮影 2016/03/12

|

« 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(1) - 北陸線経由で近江高島へ | トップページ | 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(3) - 大溝陣屋総門と町割り水路のある町並み »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(2) - 分部神社と大溝城跡の本丸天守台石垣:

« 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(1) - 北陸線経由で近江高島へ | トップページ | 近江高島(滋賀県高島市 大溝藩2万石の城下町)を散策2016年3月(3) - 大溝陣屋総門と町割り水路のある町並み »