« 再度 古い町並みの川原町へ2016年3月 - 岐阜県岐阜市 | トップページ | 近場の桜 大垣城と船町川湊(奥の細道むすびの地)2016年3月末日(2) - 船町川湊(奥の細道むすびの地)の桜(岐阜県大垣市) »

2016年4月 1日 (金)

近場の桜 大垣城と船町川湊(奥の細道むすびの地)2016年3月末日(1) - 大垣城の桜(岐阜県大垣市)

 

 

  今年の近場の桜は岐阜県大垣市の大垣城と芭蕉「奥の細道むすびの地」である船町川湊へ。

岐阜市から大垣へはJRで12分。

 

   大垣市は江戸時代には戸田氏10万石の城下町でした。

江戸時代初期には4家8代の藩主が大垣藩を治めましたが、寛永12年(1635年)戸田氏鉄(とだうじかね)が藩主として10万石で入ると、その後、戸田氏が明治まで11代続き大垣藩を治めました。

 

  大垣駅。

Dsc05036

 

  駅から駅前通りを歩くこと10分足らずでここに至ります。

Dsc05038

 

  右手に入ると天守閣と東門。

Dsc05039

 

  東門の右手には艮隅櫓(うしとらすみやぐら)。

  天守閣と共に1945年(昭和20年)の大垣空襲で焼失し、鉄筋コンクリートで再建されました。

Dsc05041

 

  東門から入ります。

Dsc05044

 

  再建された大垣城天守閣。

Dsc05048

Dsc05049

 

  天守は1959年(昭和34年)の再建。

Dsc05050

 

  入場料は大人100円、高校生以下は無料。

Dsc05057

 

  通り抜けて西から出ます。

Dsc05062

Dsc05064

Dsc05065

 

  戸田氏大垣藩の藩祖である戸田氏鉄(とだうじかね)の銅像と天守。

Dsc05069

Dsc05070

 

  乾隅櫓(いぬいすみやぐら)。

Dsc05085

 

  公園の北側にある常葉(ときわ)神社。

  祭神は歴代戸田家藩主と戸田氏鉄の父である戸田 一西(とだかずあき)。

Dsc05078

Dsc05080

 

  常葉(ときわ)神社社殿。

Dsc05081

Dsc05090

 

  公園を西に出て道路の西側にある郷土館。

Dsc05098_2

 

  郷土館内の庭、奥から。

Dsc05101

  撮影 2016/03/31

|

« 再度 古い町並みの川原町へ2016年3月 - 岐阜県岐阜市 | トップページ | 近場の桜 大垣城と船町川湊(奥の細道むすびの地)2016年3月末日(2) - 船町川湊(奥の細道むすびの地)の桜(岐阜県大垣市) »

お城」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/63421419

この記事へのトラックバック一覧です: 近場の桜 大垣城と船町川湊(奥の細道むすびの地)2016年3月末日(1) - 大垣城の桜(岐阜県大垣市):

« 再度 古い町並みの川原町へ2016年3月 - 岐阜県岐阜市 | トップページ | 近場の桜 大垣城と船町川湊(奥の細道むすびの地)2016年3月末日(2) - 船町川湊(奥の細道むすびの地)の桜(岐阜県大垣市) »