« 所用で西舞鶴(京都府舞鶴市)を訪れる2016年4月(6) - 綾部駅から西舞鶴駅、京都に戻る | トップページ | 河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(2) - 河内源氏発祥の地 壺井八幡宮 »

2016年5月 3日 (火)

河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(1) - 上ノ太子駅から飛鳥戸(あすかべ)神社

 

  近畿日本鉄道が提案しているハイキングコースを利用し、それを自分なりにアレンジして大阪府の河内地方を歩いてみました。

近鉄の提案する「てくてく」コースは近鉄上ノ太子駅を出発地とし「近つ飛鳥」の象徴的神社である飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)から鎌倉幕府を出現せしめる基礎を築いた河内源氏三代の墓と河内源氏に所縁(ゆかり)のある壺井八幡宮などを巡り、最後に叡福寺と聖徳太子御廟を訪ねる約10kmほどのコースです。

しかし、近鉄は帰りも上ノ太子駅まで歩くことを提案していますが、これはさすがに体力的に難しく、上ノ太子駅までを太子前バス停からバスで戻ることにしました。

また、敏達天皇陵へ寄る部分も省略しました。

その結果、所要時間は2時間半ほどに短縮できました。

近鉄の提案する「てくてくまっぷ」

 

  橿原神宮前駅にて。

  古市行き普通に乗車します。

Dsc05554

 

  途中、電車は二上山を仰ぎ見るように進みます。

Dsc05558

 

  上ノ太子駅(かみのたいしえき)の裏口に出ました。

  バスの発着する玄関口は反対側。

Dsc05559

 

  印刷した近鉄の「てくてくまっぷ」とグーグルマップを突き合わせながら、丘陵地に広がるブドウ畑を眺めながらたどり着いた飛鳥戸(あすかべ)神社の裏。

  本殿が見えます。

Dsc05561

Dsc05563

Dsc05564

 

  社殿はいたって素朴な造りです。

Dsc05566

 

  ここから河内源氏ゆかりの壺井八幡宮へ向かいます。

  ここで役にたつのは「近鉄のてくてくまっぷ」。

Dsc05568

Dsc05569

 

  近鉄の踏切を南側に(正確には西かな?)渡ります。

Dsc05572

Dsc05573

 

  壺井八幡宮は南西の方向ですね。

Dsc05574

 

  丘陵地帯を歩きます。

Dsc05575

 

  竜王寺地蔵が傍らに。

Dsc05576

 

  PL教団のタワー(正確には大平和祈念塔)が見えます。

  思わずそんな位置関係なのかと思いました。

  とにかく土地勘が無く、地図が頼りです。

Dsc05578

  撮影 2016/05/02

|

« 所用で西舞鶴(京都府舞鶴市)を訪れる2016年4月(6) - 綾部駅から西舞鶴駅、京都に戻る | トップページ | 河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(2) - 河内源氏発祥の地 壺井八幡宮 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(1) - 上ノ太子駅から飛鳥戸(あすかべ)神社:

« 所用で西舞鶴(京都府舞鶴市)を訪れる2016年4月(6) - 綾部駅から西舞鶴駅、京都に戻る | トップページ | 河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(2) - 河内源氏発祥の地 壺井八幡宮 »