« 京都 伏見の一部を散策(6) - 大手筋通り 源空寺、宝福寺 | トップページ | (続)京都 伏見の一部を散策(2) - 十石舟と三十石船、そして長建寺 »

2016年7月23日 (土)

(続)京都 伏見の一部を散策(1) - 桃山御陵前駅から京町通を南下

 

  京都伏見の散策の続きで、最後は月桂冠大倉記念館と寺田屋を訪れました。

利用した「とくとくきっぷ」は言わずと知れた「青春18きっぷ」。岐阜と京都との往復に利用しました。

 

  地図で見てみると月桂冠大倉記念館と寺田屋は京阪電車の中書島駅が最も近いのですね。

桃山御陵前駅が最寄りの駅との固定観念から今回も出発は同駅から。

南北の道路のうち選んで南下したのは近鉄と京阪との間にある京町通。

歩いてみると京町通にはけっこう古民家が多く飽きない散策となりました

 

  せんとくんと特急。

  京都駅にて。

Dsc05894

 

  乗車したのは橿原神宮前行き急行。

Dsc05901

 

  桃山御陵前駅で下車。

Dsc05903

 

  桃山御陵前駅は高架駅。

Dsc05904

 

  駅からすぐ西の京町通を南に下ります。

  所々にこのような古民家が点在しています。

Dsc05906

 

  京町通を南へ。

Dsc05907

 

  鍾馗さん?火除けや病気快癒の神様。

  京都の町家の屋根によく見かける。

Dsc05909

 

  民家自体はそんなに古いという感じは受けない。

Dsc05910

 

  これは古そうな民家。

Dsc05911

 

  車除けの石が置いてあります。

Dsc05913

 

  こちらは古民家風の比較的新しそうな民家(本当のそうなのかは分からない)。

Dsc05916

 

  北の方を振り返って。

Dsc05917

 

  一角を祠が占めている民家。

Dsc05919

 

  京阪電車の踏み切り。

  ここらあたりで自分の居る位置を見失いました。

Dsc05920

 

  地図で見ると長建寺の東の踏み切りであったようです。

  地図を印刷して持参すれば済むことですが、生憎プリンターが壊れていてこんな羽目に。

Dsc06008

  撮影 2016/07/21

|

« 京都 伏見の一部を散策(6) - 大手筋通り 源空寺、宝福寺 | トップページ | (続)京都 伏見の一部を散策(2) - 十石舟と三十石船、そして長建寺 »

京都、奈良」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (続)京都 伏見の一部を散策(1) - 桃山御陵前駅から京町通を南下:

« 京都 伏見の一部を散策(6) - 大手筋通り 源空寺、宝福寺 | トップページ | (続)京都 伏見の一部を散策(2) - 十石舟と三十石船、そして長建寺 »