« 京都 伏見の一部を散策(2) - 近衛天皇陵(安楽寿院南陵 あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)の御陵である多宝塔 | トップページ | 京都 伏見の一部を散策(4) - 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)(1) »

2016年7月19日 (火)

京都 伏見の一部を散策(3) - 安楽寿院境内と鳥羽天皇陵

 

  安楽寿院は鳥羽離宮の東殿に御堂が建てられたのが始まりです。

現在は小さくまとまっていますが最盛期には本御塔を始め九体阿弥陀堂などを有し、寺領も全国に及んでいました。

その後、院政も力を失い本格的に武家が台頭する時代となります。

寺院領は南北朝時代の混乱で失い、また火災や地震などで現在では往時の面影はありません。

安楽寿院公式ホームページ。

拝観は事前予約が必要です。

以下の情報は安楽寿院の公式ホームページを参照しています。

 

  鐘楼と阿弥陀堂。

  阿弥陀堂は台風で倒壊したお堂の代わりに昭和34年建立されたもの。

  阿弥陀如来像(重文)をお祀りしている(現在は収蔵庫に収められている)。

  梵鐘は元禄5年(1692年)の鋳造。

  築地塀の東側(向かって右側)には寛政7年(1795年)の建立になる書院、庫裏がありますが、門が工事中で中を窺う事ができませんでした。

Dsc05759_2

 

  大師堂。弘法大師像が本尊。

Dsc05760

 

  三宝荒神社。

  何度も火災にあってきた当寺ですが、慶長11年(1606年)の復興の際に勧請された。

  荒神様は火の神や竈の神として信仰されています。

Dsc05761

 

  三如来石仏。

  釈迦、弥陀、薬師三尊の3面がありますが、弥陀三尊像は京都国立博物館に預けられているそうです。

Dsc05763

Dsc05765

 

  右下端に竹田の文字が見えますがその左上あたりが安楽寿院。

Dsc05765_2_2

Dsc05767

 

  柵の中にある収蔵庫。

Dsc05768

 

  同じく柵内にある庭園。

Dsc05769

 

  宝篋印塔。由来は不明。

  境内西側の老人ホームの前に重文の石造五輪塔があるそうですが、そこは訪れそこないました。

Dsc05771

 

  大師堂。

Dsc05774

 

  冠石。

  鳥羽天皇が法皇となった際に冠を埋めたという(出所京都寺社案内。)

Dsc05776

 

  鳥羽天皇陵。

Dsc05777

Dsc05779

 

  正式名は安楽寿院陵(あんらくじゅいんのみささぎ)。

Dsc05780

 

  仏堂が御陵の鳥羽天皇陵。

Dsc05781

Dsc05783

 

  安楽寿院境内に戻り、「白河法皇、鳥羽法皇院政之地」の碑。

Dsc05785

Dsc05786

 

  境内西の入り口。

Dsc05788

  撮影 2016/07/15

|

« 京都 伏見の一部を散策(2) - 近衛天皇陵(安楽寿院南陵 あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)の御陵である多宝塔 | トップページ | 京都 伏見の一部を散策(4) - 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)(1) »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 伏見の一部を散策(3) - 安楽寿院境内と鳥羽天皇陵:

« 京都 伏見の一部を散策(2) - 近衛天皇陵(安楽寿院南陵 あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)の御陵である多宝塔 | トップページ | 京都 伏見の一部を散策(4) - 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)(1) »