« 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(4)2016年7月 - 石峰寺(せきほうじ)伊藤若冲ゆかりのお寺 | トップページ | 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(6)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(2)本堂、多宝塔 帰途に »

2016年7月14日 (木)

京都 伏見稲荷ほかを訪れる(5)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(1) 総門、塔頭、仁王門

 

  宝塔寺は日蓮宗の寺院。

観光地としての有名な寺院ではありませんが、室町時代建立の多宝塔があると聞き訪れました。

 

  もともと今回の旅行は宝塔寺の多宝塔の存在がきっかけで、その流れから石峰寺と伏見稲荷大社をも訪れることになった経緯があります。

旅行全体では伏見区を大きく見ていましたが、いかんせん最近の暑さには勝てなくて、今回の旅行は小さくまとめざるを得ませんでした。

 

  宝塔寺は石峰寺のさらに南に位置するため、適当に南へ歩いてみましたが、やはりというか、自分がどのあたりを歩いているのかを見失ってしまいました。

たまたま下の町内地図を見つけ事なきを得ました。

Img_0223_2

 

  総門の四脚門。

Img_0225

Img_0228

 

  本堂、多宝塔とともに重要文化財。

Img_0229

 

  仁王門まで両側に塔頭が並んでいます。

Img_0231

 

  圓妙院。

Img_0233

 

  大雲寺。

Img_0235

 

  直勝寺。

Img_0237

 

  日像荼毘所の碑。

  日蓮宗の僧である日像は京都で布教に当たっていましたが、死後、遺言により当寺で荼毘(だび)に付されました。

Img_0239

 

  霊光寺。

Img_0240

 

  慈雲院。

Img_0244

 

  仁王門。

  宝永8年(1711年)の再建。

Img_0243

Img_0247

Img_0248

Img_0250

Img_0249

 

  正面に本堂があります。

Img_0245

  撮影 2016/07/02

|

« 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(4)2016年7月 - 石峰寺(せきほうじ)伊藤若冲ゆかりのお寺 | トップページ | 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(6)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(2)本堂、多宝塔 帰途に »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(5)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(1) 総門、塔頭、仁王門:

« 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(4)2016年7月 - 石峰寺(せきほうじ)伊藤若冲ゆかりのお寺 | トップページ | 京都 伏見稲荷ほかを訪れる(6)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(2)本堂、多宝塔 帰途に »