« 【天守閣】復興天守(13)2002年7月 - 忍城(おしじょう 埼玉県行田市) | トップページ | 黄檗山萬福寺(京都府宇治市)を訪れる(2) - 開山堂と天王殿 »

2016年8月25日 (木)

黄檗山萬福寺(京都府宇治市)を訪れる(1) - 総門と三門

 

  京都府宇治市にある萬福寺(まんぷくじ)は黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山。

江戸時代の17世紀に中国明の僧隠元を招いて開山された禅宗の寺院です。

建物から精進料理まですべて中国様式で、日本の寺院とは趣が少々異なります。

中国式寺院では長崎の国宝崇福寺が有名ですが、私の印象では萬福寺の方は日本の他の禅宗の寺院と比べても、言われるほどそんなに違和感はありませんでした。

もちろん中国式であることは実感できましたが崇福寺ほどではありませんでした。

長崎市を観光(7) - 市内観光(4) 国宝 崇福寺(そうふくじ)はこちら。

 

  萬福寺の最寄りの駅はJR奈良線と京阪宇治線の黄檗駅。

  JR奈良線快速は停車しないので城陽行き普通電車で向かいます。

 

  京都駅にて。

Dsc06064

 

  黄檗駅駅前。

  降車ホームである東側に出ます。

Dsc06065

 

  駅から左へ行き二本目を入り左、次いで右と行くと総門の前に出ます。

Dsc06068

 

  総門の前に出ました。

  総門は中国的ですね。

  寛文元年(1661年)の建立。

Dsc06069

Dsc06075

Dsc06074

 

  大きな寺院です。

  建物23棟が重要文化財に指定されており、これは殆んどの建築物と言って過言ではありません。

Dsc06081

 

  総門を内側から。

Dsc06082

 

  三門。

  延宝6年(1678年)の建立。

  総門、三門ともに重文。

 

  拝観料は大人・大学生・高校生500円、中学生・小学生300円。

Dsc06085

Dsc06095

 

  三門から天王殿、大雄宝殿(だいおうほうでん)、法堂(はっとう)が一直線に並びます。

Dsc06092

  撮影 2016/08/24

|

« 【天守閣】復興天守(13)2002年7月 - 忍城(おしじょう 埼玉県行田市) | トップページ | 黄檗山萬福寺(京都府宇治市)を訪れる(2) - 開山堂と天王殿 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄檗山萬福寺(京都府宇治市)を訪れる(1) - 総門と三門:

« 【天守閣】復興天守(13)2002年7月 - 忍城(おしじょう 埼玉県行田市) | トップページ | 黄檗山萬福寺(京都府宇治市)を訪れる(2) - 開山堂と天王殿 »