« 宇治(京都府宇治市)を散策(4) - 宇治川右岸の宇治神社へ | トップページ | 今日(2016年9月23日金曜日)の岐阜城 - 午前中は曇り空 »

2016年9月22日 (木)

宇治(京都府宇治市)を散策(5) - 花の寺の恵心院と参道「琴坂」を興聖寺へ

 

 

  宇治神社から河岸道路を南に下り恵心院、興聖寺(こうしょうじ)へ。

恵心院は花の寺と言われていますが、ちょうど端境期なのか特に目につく花は無し。

それとも見落としただけでしょうか?

 

  興聖寺は河岸道路から真っ直ぐにのびる「琴坂」という参道を登ります。

興聖寺は宇治十二景のひとつとか。

「東洋画題綜覧」による宇治十二景とは「春岸酴醿、清湍蛍火、三室紅楓、長橋暁雪、朝日靄暉、薄暮柴舟、橋姫水社、釣殿夜月、扇芝孤松、槙島曝布、浮船古祠、興聖晩鐘」となっています。

「琴坂」は秋に訪れたいですね。

 

  河岸道路から内へ登ります。

Dsc06413

 

  お堂に突き当たり右手へ。

Dsc06414

 

  山門。

  「入山無料 ただし本堂は拝観謝絶」の張り紙。

Dsc06415

Dsc06417

 

  本堂。

  恵心院季節の花  春  水仙、山吹、桜、有楽椿、ツツジ、牡丹   

                          夏  アジサイ、シャクナゲ、ノウゼンカズラ   

                          秋  キンモクセイ、秋明菊、彼岸花、酔芙蓉   

                          冬  蝋梅、水仙、椿       だそうです。

Find Travel > 近畿観光 > 京都観光 > 宇治観光 > 四季折々の花が楽しめる!京都の花の寺「恵心院」について (引用元へのリンク)

Dsc06419

 

  再び河岸道路を南へ。

Dsc06424

 

  観流橋を渡ります。

Dsc06426

 

  総門。

Dsc06428

 

  琴坂。約200メートルの坂。

  秋の紅葉シーズンが良さそうです。

Dsc06431

 

  興聖寺(こうしょうじ)は曹洞宗の寺院。

  創建は天福元年(1233年)。

  一度廃れるも江戸時代の慶安2年(1649年)に中興され現在に至る。

 

  竜宮造りの山門。天保年間の改築。

Dsc06432

 

  薬医門越しに本堂。

  薬医門は弘化3年(1846)の改築。

Dsc06437

 

  本堂。

  本堂は伏見挑山城の遺構を用いたそうです。

Dsc06439

Dsc06440

Dsc06442

 

  本堂正面左にある三面大黒尊天。

Dsc06444

 

  座禅場。

  土足でなければ寺内は拝観できます(本堂拝観大人300円)。

Dsc06445

Dsc06446

 

  琴坂を引き返します。

Dsc06450

  撮影 2016/09/15

|

« 宇治(京都府宇治市)を散策(4) - 宇治川右岸の宇治神社へ | トップページ | 今日(2016年9月23日金曜日)の岐阜城 - 午前中は曇り空 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇治(京都府宇治市)を散策(5) - 花の寺の恵心院と参道「琴坂」を興聖寺へ:

« 宇治(京都府宇治市)を散策(4) - 宇治川右岸の宇治神社へ | トップページ | 今日(2016年9月23日金曜日)の岐阜城 - 午前中は曇り空 »