« 吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(3)- 吉田城本丸へ | トップページ | 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて »

2016年9月 5日 (月)

吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(4) - 吉田城本丸へ(2)

 

  幕閣への登竜門のひとつであった吉田藩は、江戸時代を通じて10家の藩主家が治めましたが、小笠原家の4代、最後の藩主家であった松平(大河内)家7代を除き、8家が一代か二代で転入封を繰り返しました。

 

  いつもの「余湖君のお城のページ」からの引用図。

  下が北の図。

Toyohasityo_2

 

  本丸入り口にあった本丸図。

Dsc06274

 

  本丸跡に築造された隅櫓(鉄櫓)。

  昭和29年(1954年)の建築。

  吉田城には天守はもともと存在しませんでした。

Dsc06234

 

  本丸内東側の石垣。

Dsc06235

 

  その左手に東への出入り口があります。

Dsc06236

 

  裏御門跡とあります。

  最初のお城のイラストや本丸図と対比してみてください。

Dsc06237

Dsc06241

 

  豊川の方に下りることができます。

Dsc06242

 

  北御多門跡とあります。

Dsc06244

 

  振り返ったところ。

Dsc06246

 

  狭い曲輪(くるわ)があります。

Dsc06247

 

  腰曲輪跡とあります。

Dsc06248

 

  下から見上げて。

Dsc06249

 

  現在ではさらにその下に遊歩道が整備されています。

Dsc06253

 

  遊歩道から見上げて。

Dsc06256

 

  上に戻ります。

Dsc06259

 

  鉄櫓の横には展望台があります。

Dsc06262

 

  武具所跡が展望台となっています。

Dsc06263

 

  豊川の風景。

Dsc06266

 

  本丸内。南を向いて。

Dsc06268

 

  公園を後にしました。

Dsc06273

  撮影 2016/08/24

|

« 吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(3)- 吉田城本丸へ | トップページ | 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて »

お城」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64151548

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(4) - 吉田城本丸へ(2):

« 吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(3)- 吉田城本丸へ | トップページ | 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて »