« 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて | トップページ | 【天守閣】外観復元天守(2)2015年8月 - 松前城(北海道渡島総合振興局管内松前町) »

2016年9月 8日 (木)

【天守閣】外観復元天守(1)2013年4月 - 岡山城(岡山県岡山市)

 

 

  外観復元天守は現在まで残る図面や写真などから再現され得るものの内、外観のみを復元した天守。

鉄筋コンクリートなどで再現され、70年前までは現存したものの、戦災で焼失した天守が多いのも特徴です。

 

  戦国時代以降、宇喜多氏が根拠地としていた岡山城は、関ケ原の戦いで西軍から東軍に寝返ったことで有名な小早川秀秋の統治を受けて後、江戸時代を通じて池田氏の居城となりました。

ちなみに岡山藩は31万5000石の大藩でした。

 

  天守閣は昭和20(1945年)年まで現存しましたが、残念ながら空襲により焼失。

現在の天守は鉄筋コンクリートで昭和41年(1966年)に再建されたものです。

 

  岡山駅前から市電(岡山電気軌道株式会社(おかやまでんききどう))の東山線で「城下(しろした)電停」まで利用します。

  運賃は区間により100円と140円の二通りあります。

  駅前から城下電停までは100円。

Dsc08451_2

 

  城下電停にて。

Dsc08597

 

  電停からさらに東に歩いていくと旭川(あさひがわ)の畔に出ます。

  右手に岡山城、左手に後楽園があります。

Dsc08458

 

  月見橋を渡り後楽園に向かいます。

Dsc08460

 

  月見橋の途中から。

Dsc08462

 

  後楽園側から。

  城下電停からここまで歩いて約10分ぐらいでしょうか

Dsc08464

 

  後楽園南門。

  裏口にあたります。

Dsc08466

 

  後楽園内からの岡山城。

  桜は満開でしたが曇り空であったのが残念。

Dsc08487

Dsc08505

 

  南門から再び旭川沿いに出て。

Dsc08528

 

  城門。

Dsc08557

 

  現存遺構として残っている月見櫓。

  やはり現存遺構として残っている西の丸西手櫓とともに重文指定を受けています。

Dsc08584

 

  内側からの月見櫓。

Dsc08570

Dsc08571

 

  南へ向かう途中の石垣。

Dsc08542

 

  公園案内図。

  旭川に架かる月見橋からの道を真っ直ぐ南に歩いて現在地に至りました。

  ここから天守のある本丸内へ。

  したがって掲載写真の前後関係は正確ではありません。

Dsc08544

Dsc08550

Dsc08549

 

  本丸内で移築保存されている天守閣の礎石。

Dsc08561

Dsc08562

 

  本丸内からの天守。

  昭和41年(1966年)の再建。

Dsc08567

  撮影 2013/04/04

|

« 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて | トップページ | 【天守閣】外観復元天守(2)2015年8月 - 松前城(北海道渡島総合振興局管内松前町) »

【天守閣】外観復元天守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【天守閣】外観復元天守(1)2013年4月 - 岡山城(岡山県岡山市):

« 豊橋鉄道市内線(愛知県豊橋市) - 市役所前電停にて | トップページ | 【天守閣】外観復元天守(2)2015年8月 - 松前城(北海道渡島総合振興局管内松前町) »