« 【天守閣】外観復元天守(8)2016年10月 - 名古屋城(愛知県名古屋市) | トップページ | 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ »

2016年10月10日 (月)

久し振りの名古屋城(1)2016年10月 - 地下鉄「丸の内」駅で下車しさっそく道に迷う

 

 

   地下鉄の駅って地上に出ると東西南北が分からなくなるってことがありませんか。

スマホを持たない私は案内標識や太陽の位置などで確認するのですが、駅から北東にある東照宮に出たので方向性は間違っていなかった模様。

しかし、結局そこから西に歩いてしまったので、途中でスマホのお兄さんに助けてもらう羽目に陥りました。

やはり名古屋城へは地下鉄「市役所」駅から行くのが王道と悟りました。

 

  北に歩いて行くと右手に神社。

  社殿は入って左側。

Dsc06497

 

  東照宮でした。

Dsc06499

Dsc06511

Dsc06510

 

  大国主命を祭神とする末社福神社がその右手に。

Dsc06501

 

  さらにその右手に福寿稲荷大明神。

Dsc06508

 

  そしてさらに右手に那古屋神社。

Dsc06505

Dsc06507

 

  能楽堂の横、拝観受付にアクセスする途中に加藤清正公の像がありました。

Dsc06512

 

  能楽堂。

Dsc06521

 

  篠島(しのじま)の矢穴石。

Dsc06517

 

  篠島は知多半島の先にある島。

Dsc06519

 

  能楽堂入口を内から通り抜け振り返ったところ。

Dsc06524

 

  東へ歩いて行くと復元された正門があります。

  拝観受付大人500円、名古屋市内高齢者100円、中学生以下無料。

Dsc06525

  撮影 2016/10/07

|

« 【天守閣】外観復元天守(8)2016年10月 - 名古屋城(愛知県名古屋市) | トップページ | 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64313873

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの名古屋城(1)2016年10月 - 地下鉄「丸の内」駅で下車しさっそく道に迷う:

« 【天守閣】外観復元天守(8)2016年10月 - 名古屋城(愛知県名古屋市) | トップページ | 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ »