« 久し振りの名古屋城(1)2016年10月 - 地下鉄「丸の内」駅で下車しさっそく道に迷う | トップページ | 久し振りの名古屋城(3)2016年10月 - 本丸御殿と大天守、小天守 »

2016年10月11日 (火)

久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ

 

 

  最初にいつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

 

  現在残っている名古屋城の縄張りとほぼ同じです。

二の丸御殿の南側の区域には現在愛知県体育館があり相撲などの興行が行われます。

それ以外が拝観区域(工事中で不可の部分もある)と考えて結構です。

Nagoyatyo

 

  こちらが正門に当たりますが、最寄りの公共交通機関がバスしかありません。

  案内もありません。

  敢えて私は地下鉄「丸の内」駅が最寄りの駅に成り得るのかを試してみましたが、地図付きなら可能です。

Dsc06526

 

  昭和34年(1959年)に天守と共に再建された正門。

Dsc06528

 

  売店の側に金の鯱(しゃちほこ)。

  傍らに募金箱が設置されています。

Dsc06529

 

  南東にある愛知県体育館を除いて拝観対象。

Dsc06531

 

  誰もがこの構図は逃さないでしょう。

  手前の西南隅櫓(本丸未申隅櫓)は現存遺構で重要文化財。

Dsc06532_2

 

  右手を見るとやはりどちらも現存遺構で重要文化財の東南隅櫓(本丸辰巳隅櫓)と表二之門(本丸南二之門)。

Dsc06539

 

  表二之門(本丸南二之門)は工事用車両の不測の事態を避けるためにガードがされています。

Dsc06542

Dsc06544

 

  本丸表一の門跡を過ぎるとすぐに御殿が目に入ってきます。

Dsc06547

Dsc06546_2

 

  今回も行けなかったのですが、最も北西にある西北隅櫓(御深井丸(おふけまる)戌亥隅櫓)。

  現存遺構で重要文化財です。(Wikipediaの写真を借用)。

Nagoya_castle3

  撮影2016/10/07

|

« 久し振りの名古屋城(1)2016年10月 - 地下鉄「丸の内」駅で下車しさっそく道に迷う | トップページ | 久し振りの名古屋城(3)2016年10月 - 本丸御殿と大天守、小天守 »

お城」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64326480

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ :

« 久し振りの名古屋城(1)2016年10月 - 地下鉄「丸の内」駅で下車しさっそく道に迷う | トップページ | 久し振りの名古屋城(3)2016年10月 - 本丸御殿と大天守、小天守 »