« 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ | トップページ | 久し振りの名古屋城(4)2016年10月 - 旧二之丸東二之門と東南隅櫓 »

2016年10月12日 (水)

久し振りの名古屋城(3)2016年10月 - 本丸御殿と大天守、小天守

 

 

  地下鉄「丸の内」駅からは真っ直ぐ北に向かい加藤清正像へいたるのが正しいようですね。

徒歩で10分ほどです。

なぜ東照宮の横に出たのかが全く思い出せません。

清正像からですと正門から入ることができます。しかし長いタクシーの車列を見ながら入ることになります。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

  現在とほぼ同じ縄張りを保っています。

Nagoyatyo_2

 

  復元されている御殿と本丸との間には写真を撮る際にもう二度と撮れない風景があります。

  それは大天守と小天守が並んだ風景です。

  礎石の見える手前が御殿跡です。

Pb120013

Dsc06548

 

  完成した部分から観覧できます。

  デイバックなど背中に負うのはNGでロッカーへ、靴は鍵付きの靴入れに入れます。

  混雑しますが合理的だと思いました。

  御殿込みでお城全体の拝観料は大人500円、名古屋市内高齢者100円、中学生以下無料。

Dsc06549

 

  フラッシュはNGですが写真は可です。

Dsc06550

Dsc06552

Dsc06554

 

  現在完成しているのは五分の一という所でしょうか。

Dsc06555

Dsc06557

Dsc06558

 

  御寄附芳名板。

  全国から多くの寄付が寄せられています。

Dsc06560

 

  熊本地震への募金箱。

Dsc06561

 

  これから小天守は脚光から外れます。

  また考えなければいけません。

Dsc06562

 

  これからはこの写真が名古屋城のメインに成るかも知れません。

Dsc06565

  撮影 2016/10/07

|

« 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ | トップページ | 久し振りの名古屋城(4)2016年10月 - 旧二之丸東二之門と東南隅櫓 »

お城」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64327367

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの名古屋城(3)2016年10月 - 本丸御殿と大天守、小天守:

« 久し振りの名古屋城(2)2016年10月 - 表門から西南隅櫓、本丸御殿へ | トップページ | 久し振りの名古屋城(4)2016年10月 - 旧二之丸東二之門と東南隅櫓 »