« 【天守閣】木造復元天守(2)2013年3月 - 掛川城(静岡県掛川市) | トップページ | 【天守閣】木造復元天守(4)2015年8月 - 白石城(しろいしじょう 宮城県白石市) »

2016年11月 5日 (土)

【天守閣】木造復元天守(3)2012年8月 - 新発田城(しばたじょう 新潟県新発田市)

 

  丹羽長秀に仕えていた溝口秀勝は長秀の若狭支配時代に信長の直臣となります。

信長の死後は秀吉に仕え、丹羽長秀の後を受けて北陸支配を統括した堀秀政の与力となり大聖寺城主に(4万4000石)。

越後を支配していた上杉景勝が慶長3年(1598年)120万石で会津へ移封されると、北陸を支配していた諸将がそのまま横すべりで越後に入り、溝口秀勝も新発田に6万石で領地替えとなります。

関ヶ原の戦いでは東軍に与し本領安堵。そのまま12代で明治に至りました。

 

  駅から城址まで徒歩で25分ぐらい。健脚な人には問題ありませんが微妙な距離です。

  1時間に1本のコミュニティバスがあります。

  あやめバス路線図と時刻表。

Dsc00971

 

  駅前通り。

Dsc00976

 

  城址は微妙な距離にあります。

Dsc00979

 

  本丸の三分の二ぐらいが陸自の新発田駐屯地。

 

  まず目にするのが旧二の丸隅櫓。

  寛文8年(1668年)の大火後に再建され、現場所に移築されました。

  国の重要文化財。

Dsc01008

Dsc01015

 

  享保17年(1732年)に再建された現存する本丸表門。

  国の重要文化財。

Dsc01018

 

  溝口氏の家紋である溝口菱。

  五階菱(ごかいびし)、掻摺菱(かきずりびし)ともいう。

Dsc01019

 

  溝口秀勝公。

Dsc01032

 

  三階櫓。天守の代替とも言うべき櫓。

  平成16年(2004年)に本丸辰巳櫓と共に、木造で復元されました。

  陸自の敷地にあるため拝観はできません。

Dsc00999

Dsc01003

 

  本丸表門。

Dsc01022

 

  本丸辰巳櫓と本丸表門。

Dsc01026

 

  本丸辰巳櫓。

  木造で復元。

Dsc01024

  撮影 2012/08/22

|

« 【天守閣】木造復元天守(2)2013年3月 - 掛川城(静岡県掛川市) | トップページ | 【天守閣】木造復元天守(4)2015年8月 - 白石城(しろいしじょう 宮城県白石市) »

【天守閣】木造復元天守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64433841

この記事へのトラックバック一覧です: 【天守閣】木造復元天守(3)2012年8月 - 新発田城(しばたじょう 新潟県新発田市):

« 【天守閣】木造復元天守(2)2013年3月 - 掛川城(静岡県掛川市) | トップページ | 【天守閣】木造復元天守(4)2015年8月 - 白石城(しろいしじょう 宮城県白石市) »