« 【天守閣】現存12天守(9)2006年12月 - 高知城(高知県高知市) | トップページ | 【天守閣】現存12天守(11)2009年10月 - 備中松山城(備中高梁城 岡山県高梁市) »

2016年12月26日 (月)

【天守閣】現存12天守(10)2009年3月 - 国宝松江城(島根県松江市)

 

  現存天守12城の第10回目は島根県の松江城。

 

  松江を初めて訪れたのは随分昔の1993年。

当時、JRには均一周遊券という周遊切符があり、後にワイド周遊券やミニ周遊券等に改変されていきますが、山陰全体を大阪発着で2万円から3万円ぐらいで特急、急行など乗り放題という周遊券でした。

  大阪から福知山線経由の夜行急行「だいせん」で米子まで行き、米子からは特急、急行(たしか急行「さんべ」)、普通を乗り継ぎ萩を訪れ周遊のち萩で一泊。

あくる日は午前中萩を回り、東に取って返して、安来(やすぎ)市の清水寺、松江の松江城を訪れ、その後岡山城に寄り道をして大阪に帰ったという思い出があります。

今日の写真はその時の1993年の写真では無く2009年に訪れた2回目の松江。

 

  さて、松江城ですが、築いたのは堀尾氏。

1600年の関が原の戦いで戦功のあった遠江国浜松12万石の堀尾忠氏が隠居料としての越前国府中5万石を得ていた父の堀尾吉晴とともに改めて出雲・隠岐の二ヶ国24万石で月山富田城(がっさんとだじょう)に入部。

忠氏の死後、吉晴の後見の下、忠晴の時、慶長12年(1607年)に現在に見る松江城の築城を開始、吉晴が直前に没した慶長16年(1611年)に完成を見ます。

そして、寛永10年(1633年)には忠晴が嗣子無くして没し、ここに堀尾家は断絶し改易。

堀尾家改易後、寛永11年(1634年)若狭小浜藩から京極忠高が11万3000石から加増されて24万石で松江藩藩主に。

しかし忠高は寛永14年(1637年)に死去、末期養子に甥の高和を立てるも認められず改易。

しかし、京極家の功に報いるために高和は龍野藩6万石で再興、その後丸亀藩に移封されます。

丸亀城の記事でその事には少し触れました。

  京極家の改易後、寛永15年(1638年)に信濃国松本藩より18万6000石で松平直政(越前松平家)が移封されて松江藩主となります。

以降松平家10代で明治に至りました。

松平家7代目藩主の松平不昧公(ふまい こう 松平治郷)は藩財政の立て直しによる財政好転により、かねての趣味であった茶道をよく好み、その結果、松江は京都・奈良・金沢と並ぶ和菓子の名所となり、さらに不昧公の好みは松江に文化的な香りを残しました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Matuetyo

 

  旧三の丸に島根県庁が収まっています。

P3310031

 

  再建された三棟の櫓の内二階建ての方が南櫓、右側が中櫓。

  奥に天守が見えます。

Pict0010

 

  西の方をお堀越しに。

Pict0013

 

  大手門を入り、さらに中に入って石段を登り本丸へ向かう途中に見える天守閣。

Pict0024

 

  本丸内へ。

  ここで入場料を払います。

  大人560円、小人(小・中学生)280円。

  松江城天守閣、小泉八雲記念館の2館と、小泉八雲旧居、武家屋敷のいずれか1館

  大人1000円、小人(小・中学生)500円。(2016年12月現在)

Pict0026

 

  松江城天守。

Pict0028

Pict0034

Pict0038

 

  天守内展示。

Pict0042

 

  天守から入り口付近。

  遠くに宍道湖が見えます。

Pict0043

 

  天守から左の石垣。

Pict0044

 

  本丸の外、南側にある松江郷土館興雲閣。

  明治36年の建築で郷土資料の収集、保存がされています。

Pict0047

 

  再び周辺地図。

  北西が搦め手でお堀を渡り北側には旧武家町の塩見縄手があります。

  塩見縄手は日本の道100選に選ばれており、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、武家屋敷等があります。

P3310031_2

 

  松江護国神社の前から遠くに赤い鳥居の城山稲荷神社。

P3310032

P3310036

 

  搦め手門跡付近から稲荷橋。

  さらに向こうに見える新橋を渡り、右手が塩見縄手。

P3310038

 

  塩見縄手の道からお堀。

P3310052

 

  塩見縄手の道。

P3310045

 

  赤いバスは当時(2009年)のレイクラインバス。

  松江市内を観光するには松江市交通局の「ぐるっと松江レイクラインバス」が便利でお得。

  大人500円、小人250円。

  私も当日レイクラインバスを利用しました。

  運行頻度は20分毎。

 

松江市交通局ホームページ。

P3310048

 

  武家屋敷。

P3310057

 

  東の方からの塩見縄手。

  左手(南側)はお堀です。

P3310066

 

  「松江藩主松平家墓所」のある月照寺。

  松江観光の最後に寄ってみました。

P3310067

 

  広い境内に歴代藩主の墓所があります。

  またアジサイ寺としても有名とか。

P3310090

  撮影 2009/03/31

|

« 【天守閣】現存12天守(9)2006年12月 - 高知城(高知県高知市) | トップページ | 【天守閣】現存12天守(11)2009年10月 - 備中松山城(備中高梁城 岡山県高梁市) »

【天守閣】現存12天守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【天守閣】現存12天守(10)2009年3月 - 国宝松江城(島根県松江市):

« 【天守閣】現存12天守(9)2006年12月 - 高知城(高知県高知市) | トップページ | 【天守閣】現存12天守(11)2009年10月 - 備中松山城(備中高梁城 岡山県高梁市) »