« 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(1) - 妙心寺を散策がてら通り抜ける(1)禅宗建築の伽藍配置 | トップページ | 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(3) - 嵐電北野線で御室仁和寺駅へ »

2017年1月25日 (水)

冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(2) - 妙心寺を散策がてら通り抜ける(2)嵐電妙心寺駅まで

 

 

  南門(南総門)から境内を通り抜けて北門(北総門)へ向かいます。

方丈、庫裏の玄関から法堂(はっとう)との渡り廊下を西側へくぐり、そこから北へ。

北門から出て左に行くと嵐電の北野線妙心寺駅があります。

帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅方面に一駅の御室仁和寺駅(おむろにんなじえき)へ向かいます。

 

  妙心寺の広大な境内。

  塔頭が40以上。

Dsc06825

 

  塔頭の一つ退蔵院。

  枯山水庭園が有名。

Dsc06791

Dsc06793

 

  浴室。

  明暦2年(1656年)の建立で重文。

Dsc06797

 

  経蔵。

  寛文13年(1673年)の建立で重文。

Dsc06802

 

  玄関。

  拝観受付があります。

Dsc06811

 

  法堂(はっとう)への渡り廊下をくぐり振り返って。

Dsc06814

 

  これで北に向かいます。

Dsc06812

 

  北へ。

Dsc06816

 

  横道にそれると塔頭が並んでいます。

Dsc06818

 

  北門(北総門)が見えてきました。

Dsc06823

 

  北門(北総門)は慶長15年(1610年)の建立で重文。

Dsc06827

 

  少し西に行くと嵐電の妙心寺駅があります。

Dsc06829

  撮影 2017/01/22

|

« 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(1) - 妙心寺を散策がてら通り抜ける(1)禅宗建築の伽藍配置 | トップページ | 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(3) - 嵐電北野線で御室仁和寺駅へ »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(2) - 妙心寺を散策がてら通り抜ける(2)嵐電妙心寺駅まで:

« 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(1) - 妙心寺を散策がてら通り抜ける(1)禅宗建築の伽藍配置 | トップページ | 冬の京都 妙心寺から仁和寺へ(3) - 嵐電北野線で御室仁和寺駅へ »