« 謹賀新年2017年 - 今年もよろしく | トップページ | 新年の岐阜城(2)2017年1月 - 岐阜大仏から名和昆虫博物館、信長居館跡 »

2017年1月 5日 (木)

新年の岐阜城(1)2017年1月 - 本町3丁目バス停から妙照寺

 

  久し振りに岐阜城に登った際の様子を。

新年で冬休みと言うこともあり子供連れ、家族つれだっての観光客が多く、ロープウェイ乗り場は列を作っていました。

ロープウェイは15分間隔が通常ながら、増便されて観光客をさばいていました。

ロープウェイ乗り場から天守閣までは歩いて7分ほど距離がありますが、途中、枝分かれするように麓への登山道が整備されていて、うっかり間違えそうになります。

歩いて登って来ている人々も多く、金華山はちょっとした登山には至便な山となっています。

岐阜駅からバスで10分ぐらいの本町3丁目のバス停で下車。正面に金華山(旧稲葉山)と岐阜城が見えます。

 

  バス停を降りてすぐにこの標識。

  「ここは旧岐阜釜石町(現本町3丁目)  

  釜石町は、江戸時代、七曲り道(かっての岐阜城大手門への道)を挟んで南北にあった。大正五年、本町三丁目となった。」とある。

Dsc06598

 

  金華山の上にそびえ立つ岐阜城天守閣。

  昭和31年(1956年)、建築。

  関ヶ原の戦い以後、江戸時代を通じて天守も城も破却されて存在しませんでした。

  しかし現天守が落成してから60年、すっかり風景に溶け込み馴染んでしまっています。

Dsc06599

Dsc06601

 

  東向き車線は北に向かい一方通行となります。

  すぐに材木町バス停。

Dsc06610

 

  南側に八幡神社。

Dsc06611

 

  この辺りには古い民家があったりします。

Dsc06617

 

  常在寺。

Dsc06618

 

  常在寺は斎藤道三以後の斎藤氏3代の菩提寺。

Dsc06619

 

  常在寺は拝観できますが、下の2点はレプリカでした。

Dsc06621

 

  常在寺の斜め向かいにあるのが妙照寺。

  芭蕉が貞享5年(1688年)約1ヶ月滞在したことで知られています。

  境内に「やどりせむ あかざの杖に なる日まて」の句碑があります。

Dsc06622

Dsc06623

Dsc06625

 

  この日は風が強かった。

Dsc06626

 

  本堂。

  手前が先ほどの芭蕉の句碑。

Dsc06627

 

  本堂正面。

Dsc06632

 

  本堂正面にある「東之鬼」、「西之鬼」。

Dsc06633

Dsc06634

 

  三光稲荷社。境内奥にある。こちらへの参拝客も多いとか。

 

  「此処は、旧竹中半兵衛屋敷蹟で、当時既に空き屋敷であったと推量される。境内奥の「三光稲荷社」は、竹中半兵衛が守護神として祀り信仰したと伝えられている。」出処。

Dsc06637

 

  社殿。

Dsc06639

Dsc06644

 

  ここから大通りに戻ります。

Dsc06643

  撮影 2017/01/05

|

« 謹賀新年2017年 - 今年もよろしく | トップページ | 新年の岐阜城(2)2017年1月 - 岐阜大仏から名和昆虫博物館、信長居館跡 »

お城」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/64723444

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の岐阜城(1)2017年1月 - 本町3丁目バス停から妙照寺:

« 謹賀新年2017年 - 今年もよろしく | トップページ | 新年の岐阜城(2)2017年1月 - 岐阜大仏から名和昆虫博物館、信長居館跡 »