« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月24日 (土)

JR四国 高徳線 勝瑞駅(しょうずいえき)にて 2012年10月 - 徳島県板野郡藍住町

 

  四国徳島県の勝瑞駅(しょうずいえき)。

徳島駅から高徳線で10分ほど。

駅から歩いて10分ほどの距離(500m)には細川氏9代、三好氏3代の根拠地であった勝瑞城跡とその城館跡などがあります。

勝瑞城跡の見性寺は三好氏の菩提寺で三好氏4代の墓が現在も残っています。

 

  徳島行きの1500型普通。

Dsc03154

Dsc03155

Dsc03156

 

  勝瑞駅。

Dsc03157

 

  勝瑞城址の碑。

  現在は見性寺の境内となっている。

Dsc03162

Dsc03175

 

  城館跡は盛んに発掘調査が行われていました。

Dsc03185

 

  図は上が南にあたる。

  したがって勝瑞駅は左方向。

Dsc03199

 

  勝瑞駅は特急「うずしお」が一部停車します。

  特急「うずしお」2000系と1500型普通徳島行き。

Dsc03214

 

  徳島近郊ということで乗客もけっこう多い。

  徳島行き普通。

Dsc03226

  撮影 2012/10/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

名鉄豊川線 豊川稲荷駅にて2012年2月 - 愛知県豊川市

 

 

  「豊川稲荷は神社では無く寺院(妙厳寺 曹洞宗)で、信仰対象は稲荷神そのものではなく、吒枳尼天(だきにてん)」。

「そして妙厳寺の本尊は千手観音で境内の鎮守として祀られる吒枳尼天(だきにてん)のことを「稲荷」と言う。」

「しかし後に吒枳尼天(だきにてん)と稲荷神は同一視されるようになり現在に至る。」だそうです。

そんな関係で、寺院なのに鳥居があったりします。

 

  豊川稲荷へのアクセスは豊橋からのJR飯田線と国府駅からの名鉄豊川線の二通りあります。

 

  名鉄名古屋本線から豊川線が分岐する国府駅(こうえき)にて。

Dsc03603

 

  名鉄の豊川稲荷駅。

Dsc03606

 

  すぐ向こう隣にはJR飯田線の豊川駅があります。

Dsc03608

 

  豊川稲荷は全国的にも初詣客が多いことで有名です。

Dsc03620

Dsc03726

 

  豊川いなり表参道と総門(明治17年(1884年)建立)。

  稲荷寿司の店が多い。

Dsc03668_2

 

  山門。境内中、現存最古の建造物。

  天文5年(1536年)、今川義元の寄進。

Dsc03682

 

  本殿。吒枳尼天(だきにてん)を祀る。

  「1908年(明治41年)に着工し、20年以上をかけて1930年(昭和5年)に竣工」。

  寺院の本尊である千手観音は法堂に祀られています。

Dsc03692

  撮影 2012/02/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

弘南鉄道弘南線黒石駅と雁木(がんぎ)のある町並み 2012年9月 - 青森県黒石市

 

  黒石津軽家は明暦2年(1656年)に本藩より5000石(のち4000石となる)が分地されて交代寄合の旗本として分家したのが始まりです。

本藩の弘前藩が蝦夷地警護役を務めることで文化5年(1808年)に10万石(元々は4万6千石、そして7万石になる)に加増されると、この際に黒石津軽家に6千石の分地があり(文化6年(1809年))、黒石藩が1万石で立藩され諸侯に列せられました。

 

  黒石駅にて。

  弘前からの所要は約30分。

  1時間に1本から2本の運行。

Dsc02005

 

  黒石駅駅舎。

Dsc02011

 

  津軽では雁木(がんぎ)は小見世(こみせ)と呼ばれるそうです。

  ちょうど「黒石こみせまつり」が催されていました。

Dsc02015

 

  古い街並みが保存されています。

  こみせ通り。

Dsc02019

 

  国重要文化財高橋家。

Dsc02022

Dsc02039

Dsc02044

 

  黒石藩の陣屋跡(黒石城址)。

Dsc02061

 

  東急7000系を譲り受けたデハ7000系。

  黒石駅にて。

Dsc02003

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

弘南鉄道弘南線 津軽尾上駅(つがるおのええき)にて2012年9月 - 青森県平川市

 

  弘前藩津軽家の支藩であった黒石藩の黒石へ向かう途中にある平川市の津軽尾上駅(つがるおのええき)。

その雰囲気の良さに押されて途中下車してしまいました。

名所である盛美園、猿賀神社(さるがじんじゃ、さるかじんじゃ)へは行きませんでしたが、今から思えば1時間ぐらい時間を割いても良かったかなあと後悔しています。

 

  まだ朝早く8時過ぎ。

Dsc01859

Dsc01860

 

  島式のプラットホームが一つ。

Dsc01866

 

  歩いて10分と15分ならば訪れるべきだったかなあと。

  しかし盛美園は朝早くで入園できなかったかもしれません。

Dsc01868

Dsc01870

Dsc01867

Dsc01869

 

  車両はいずれもデハ7000系。

Dsc01875

 

  途中、津軽富士と言われる岩木山が望めます。

Dsc02077

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

名鉄新羽島駅にて 2012年8月 - 岐阜県羽島市

 

  名鉄新羽島駅と新幹線岐阜羽島駅は徒歩すぐで連絡しています。

名鉄新羽島駅からの電車は羽島線、竹鼻線を経て笠松駅で名古屋本線と接続。

そして笠松から名鉄岐阜までは5分の所要で、名鉄岐阜~新羽島間は約30分。

ところがJRの岐阜~名古屋間の新快速は約20分の所要なので、岐阜市周辺の新幹線利用客は名古屋に向かい、名古屋から新幹線に乗車します。

したがって新羽島駅は通勤、通学のお客さんの利用がほとんどという現状です。

 

  開業当初は岐阜、大垣、一宮との連絡バスが運行されていましたが、現在残っているのは大垣との連絡バスのみ。

Dsc00661

 

  新羽島駅は新幹線駅と駅前広場を共有するように広場東にあります。

Dsc00666

Dsc00680

 

  区分上は笠松~江吉良間が竹鼻線、江吉良~新羽島間が羽島線ですが、竹鼻線江吉良~大須間が2001年に廃止されて以後は笠松~江吉良~新羽島間の一体運用となっています。

Dsc00709

 

  旧塗装の3150系電車。

Dsc00697

 

  全線単線ながら15分間隔での運行が確保されています。

Dsc00700

  撮影 2012/08/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

名鉄小牧線300系と小牧駅 - 愛知県小牧市

 

 

  名鉄小牧線は犬山(愛知県犬山市)~上飯田(愛知県名古屋市北区)間20.6Kmの路線。

2003年以降は上飯田駅~平安通駅間の名古屋市営地下鉄上飯田線と小牧線が直通運転で運行されるようになりました。

それ以前は上飯田駅との接続路線はなく(市電が一時あった)、小牧線はいわゆる盲腸線となっていました。

 

  この日は小牧市にある小牧山城跡を訪れ、帰りに平安通駅まで走破し、地下鉄を経て名古屋駅から岐阜に帰ってきました。

 

  市営地下鉄と名鉄の相互乗り入れで、名鉄の車両は300系、市営地下鉄は7000形が使用されています。

  犬山駅にて名鉄の300系。

Dsc00228

 

  驚いたのは小牧駅が地下駅だったこと。

  高架なら珍しくもありませんが・・・。

  調べてみましたが、地下駅になった理由はよくわかりません。

Dsc00231

 

  別に地方都市だからと言って地下駅が変だという訳ではないのですが・・・。

Dsc00232

 

  地上の様子。

Dsc00233

 

  山頂に模擬天守が見えます。

小牧山城は織田信長の築城で永禄6年(1563)から永禄10年(1567)まで本拠としました。

稲葉山城(岐阜市)が落城すると、信長は岐阜へ移り、岐阜城(稲葉山城)を本拠とし、小牧山城は廃城となりました。

のち小牧長久手の戦い(天正12年(1584))では徳川家康が本陣としていち早く整備し、羽柴秀吉軍と対峙しました。

現在残っている土塁などの遺構はこの戦いの際に家康が整備したものです。

もちろん信長時代の遺構も見ることができます。

江戸時代には尾張藩が厳重に管理し、入山は禁止されていたそうです。

Dsc00239

  撮影 2012/06/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

「せんとくん」 近鉄京都駅 - 京都府京都市

 

  「せんとくん」は2010年に催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターとして採用され、2011年以降は奈良県のマスコットキャラクターとして現在に至っています。

当初は「きもい」とか「気持ち悪い」とか仏様を侮辱しているとか散々な評判でしたが、現在は奈良のマスコットキャラクターとして完全に馴染んでしまっています。

 

  近鉄京都駅の特急電車発着ホームを背にした「せんとくん」。

Dsc05964_2

 

  4番線の奈良行き急行。

Dsc05961

  撮影 2012/06/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

金沢市を散策(7) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(3)土塀のまちなみと前田土佐守家資料館から室生犀星記念館

 

  長町武家屋敷界隈 散策まっぷ。

 

  長町武家屋敷跡の最後は「土塀のまちなみ」から前田土佐守家(まえだとさのかみけ)資料館。

 

  土塀のまちなみ。

Dsc07394

 

  新家邸長屋門をのぞむ場所から引き返しました。

Dsc07395

 

  大屋家。

Dsc07396

 

  再び大野庄用水(鬼川)に沿って進みます。

Dsc07397

 

  振り返って。

Dsc07398

 

  やがて右側に老舗記念館。

Dsc07399

Dsc07404

 

  そして向かい側には前田土佐守家資料館。

  前田土佐守家は藩祖の前田利家の次男である利政を祖とする家系で加賀藩で重きをなした名家。

  展示物は充実していて、見応えがありました。

  一般300円、高校生以下無料。

Dsc07402

 

  このまま道なりに信号のある長町交差点をさらに行くと犀川を渡ります。

  向こうに見えるのが犀川大橋。

Dsc07424

 

  さらに行き、何本目かの道を左にとると室生犀星記念館があります(途中、案内あり)。

  前田土佐守家資料館から歩いて10分足らずの距離。

Dsc07426

 

  現在地が室生犀星記念館。

Dsc07427

 

  雨法院。

  犀星が育った寺院。

Dsc07429

Dsc07431

 

  雨法院の前から左に石垣を見ながら行くと「にし茶屋街」に出ます。

Dsc07433

 

  この日はここで帰ることに。

  犀川大橋を南から北に渡り、最寄りのバス停から金沢駅に帰りました。

 

  犀川大橋北詰にて。

  犀川大橋は国の登録有形文化財に登録されています。

Dsc07435

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

金沢市を散策(6) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(2)武家屋敷跡野村家

 

  長町武家屋敷跡で中心的な場所が野村家。

野村家も移築を含めて整備された屋敷です。

ただし内容はかなり密度のある場所となっています。

展示史料館は鬼川文庫と名付けられています。

写真撮影は可。

拝観料は大人550円、高校生400円、小中生250円。

 

  「野村家は千二百石で十一代にわたって御馬廻組組頭、各奉行職を歴任した家柄。」(ホームページより)

長町武家屋敷界隈 散策まっぷ。

Dsc07391

 

  大野庄用水(鬼川)に面した駐車場から。

Dsc07405

Dsc07406

 

  こちらが正面。

Dsc07408

 

  玄関。

Dsc07410

 

  玄関上り口。振り返って。

Dsc07423

 

  庭園。

  濡れ縁に外国人の人たちがひしめき合い、座って庭を鑑賞していました。

Dsc07412_2

Dsc07417

 

  トイレの前を通って鬼川文庫へ。

Dsc07418

Dsc07415

Dsc07419

Dsc07420

 

  上段の間。見どころの一つです。

Dsc07422

 

  土塀のまちなみへ向かいます。

Dsc07392

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

金沢市を散策(5) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(1)足軽資料館から高田家跡

 

  さて尾山神社から西に数分歩くと長町武家屋敷跡の端にある足軽資料館にたどり着きます。

武家屋敷跡ということもあり基本的には一部の遺構に屋敷を復元した区域と言っても構いません。

しかし、それでも、武家屋敷にタイムスリップしたかのように作られた部分もあり、観光客は違和感なくその雰囲気を楽しむことができます。

 

  尾山神社の参道からそのまま真っ直ぐ道を取り、歩いて数分で足軽資料館の横に出ます。

Dsc07358

 

  足軽資料館の横。

  長町武家屋敷界隈 散策まっぷ

Dsc07364

Dsc07366

Dsc07369

 

  見学は無料。

  二軒ともそれぞれ表札がかかっています。

Dsc07370

Dsc07372

 

  反対側から出て振り返ったところ。

Dsc07376

 

  大野庄用水に沿って遊歩道があります。

Dsc07378

 

  少し行くと旧加賀藩士高田家跡。

  同じく無料です。

Dsc07379

Dsc07381

 

  庭園と長屋門で構成されています。

Dsc07382

Dsc07383

 

  長屋門は復元されたもの。

Dsc07384

 

  長屋門外から。

Dsc07386

 

  大野庄用水に沿ってさらに南の方へ。

Dsc07387

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

金沢市を散策(4) - 石川県金沢市 尾山神社(主祭神 前田利家)

 

  金沢城玉泉院丸口から城外に出ると丸の内通り。

これを北に(右へ)向かうと交差点があり、そこから北へすぐ、通りに面した左手に唐門が見えます。

これが尾山神社の東神門。

東神門は金沢城二の丸御殿の門が移築されたものです。

 

  尾山神社は明治6年(1873年)の創建で主祭神は加賀藩祖前田利家。

また摂社の金谷神社には歴代の藩主が祀られています。

 

  丸の内通りに面した東神門。

Dsc07338

 

  もと金沢城二の丸御殿の門の唐門。

Dsc07340

Dsc07341

 

  尾山神社の境内図。

Dsc07342

 

  入って左にある神苑。

Dsc07343

 

  摂社金谷神社。

  歴代藩主が祀られています。

Dsc07345

Dsc07346

Dsc07347

 

  前田利家公の騎馬像。

Dsc07349

 

  尾山神社社殿。

Dsc07351

Dsc07353

 

  尾山神社の珍しい形態の神門。

  明治8年(1875年)に完成。

  国の重要文化財に指定されています。

Dsc07359

Dsc07358

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

金沢市を散策(3) - 石川県金沢市 金沢城(2)三十間長屋と玉泉院丸庭園

 

 

  石川門から三の丸広場に出て、左奥の橋爪門から二の丸に入ると、まず本丸下の鶴丸倉庫に向かいました。

鶴丸倉庫は江戸期の城郭倉庫で2008年に重要文化財に指定されました。

さらに本丸の石垣の下に沿って奥に進むとこれも現存遺構の三十間長屋があります。

この曲輪から南西下に下りる道があり、そこから歩いて行くと復元された玉泉院丸庭園があります。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo_2

Dsc07311

 

  本丸への門であった鉄門跡の石垣。

Dsc07313

 

  三十間長屋。

  貴重な現存遺構で重要文化財。

Dsc07316

Dsc07317

Dsc07320

 

  下に下ります。

  振り返って。

Dsc07322

 

  下りて。

Dsc07323

Dsc07324

 

  上から玉泉院丸庭園。

Dsc07326

 

  この地図が分かり易い。

Dsc07327

Dsc07332

Dsc07330

 

  三十間長屋を見上げて。

Dsc07333

 

  玉泉院丸口から城外に出ました。

  城外から玉泉院丸南西の石垣。

Dsc07334

Dsc07337

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

金沢市を散策(2) - 石川県金沢市 金沢城(1)菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋、河北門(かほくもん)、鶴丸倉庫

 

 

  金沢城の前身は一向一揆の拠点であった尾山御坊で、信長に攻め落とされた後その跡地に金沢城が築かれたのが始まりです。

天正11年(1583年)賤ヶ岳の戦いの後、羽柴秀吉によって前田利家が封ぜられ、のち江戸時代を通じて加賀藩主前田家の居城となりました。

天正15年(1587年)と文禄元年(1592年)にそれぞれ前田利家、前田利長によって大改造が行われました。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo

 

  石川門を抜けます。

Dsc07283

Dsc07284

 

  石川門の枡形を抜けると三の丸。

Dsc07287

 

  三の丸広場と平成13年(2001年)に復元された右から菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓、橋爪門。

Dsc07290

 

  三の丸右手には平成22年(2011年)に復元された河北門(かほくもん)。

Dsc07291

 

  同じく河北門。

Dsc07294

 

  菱櫓。

Dsc07295

 

  橋爪門と橋爪門続櫓。

  中に入ると二の丸。

Dsc07297

 

  中に入り、本丸下にある現存遺構の重要文化財鶴丸倉庫。

Dsc07305

 

  鶴の丸広場にある休憩所からガラス越しに。

Dsc07306

 

  休憩所前から鶴丸倉庫。

Dsc07308

 

  奥に進みます。

Dsc07309

 

  本丸の石垣越し、遠くに見える石川門の櫓。

Dsc07312

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

金沢市を散策(1) - 石川県金沢市 兼六園と金沢城石川門

 

 

  金沢への訪問は2008年以来。

今回も兼六園から金沢城の順序で訪れましたが、兼六園は入園して15分ぐらいで人混みの中から抜け出して金沢城へ早々に向かいました。

一通り金沢城内を歩いた後、復元された玉泉院丸庭園を訪れて玉泉院丸口から城外南西に出ました。

そして独特な神門を持つ尾山神社を訪れ、さらに、ここから長町武家屋敷跡まで歩いて金沢市足軽資料館から野村家、前田土佐守家資料館を巡り、犀川(さいがわ)を西に。

こちらにはにし茶屋街や寺町があるのですが、その前に室生犀星記念館を訪れ、ここまでで約5時間。

暑い中、時々休憩所やベンチで休むもさすがに疲れ、この日はこれまでと犀川大橋を北詰に渡り、近くのバス停からバスで金沢駅に引き返しました。

ひがし茶屋街やにし茶屋街、兼六園、金沢城付近の各施設はまた次の機会という事で、今回の散策を切り上げました。

 

  米原発の特急「しらさぎ51号」を乗り継いで10時過ぎに金沢駅に到着。

  岐阜から全行程を普通電車で利用すると金沢到着は12時頃。

Img_0514

 

  駅前の雰囲気は2008年とは異なり人の多さが目につきます。

  平日なのに活気が凄い。

Dsc07254

 

  外国人の多さも目につきました。

Dsc07255 

 

  バスで兼六園下まで向かい、兼六園へ。

  バスは200円。1日乗車券もあります(いろいろ特典あり)。

  兼六園入園料大人310円、こども100円。

Dsc07262

 

  人で溢れ返っています。

  ことじ灯籠。

Dsc07264

Dsc07265

 

  10分ぐらい出口をさがして何とかここへ出ました。

  人の多さと、この時期の庭園の緑一色には飽きているのですぐに出口を捜しました。

Dsc07268

Dsc07269

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo

 

  現在は道路となっているかっての百間堀(ひゃっけんぼり)と石垣。

Dsc07272

 

  現存遺構の石川門は重要文化財に指定されています。

Dsc07274

 

  旧百閒堀。

Dsc07275

 

  石川門櫓。

Dsc07280

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ