« JR四国 高徳線 引田駅(ひけたえき)2012年10月 - 香川県東かがわ市 | トップページ | JR四国 阿波川島駅と川島城2012年10月 - 徳島県吉野川市 »

2017年6月26日 (月)

JR四国 徳島駅 2012年10月 - 徳島県徳島市

 

  徳島県には鉄道の電化区間が全くないという事実はよく話題になります。

特に2003年、沖縄県に「ゆいレール(沖縄都市モノレール線)」が開通すると「現在電化区間が無い唯一の県」ということになってしまいました。

これからも当分の間はこの状態が続くものと思われますが、逆にこれを売りにして何とか出来ないものかとも考えてしまいます。

 

  徳島駅到着のキハ47。

Dsc02973

 

  板野行き普通の1200型4両編成。

Dsc02976

 

  駅舎上から。

Dsc02978

 

  改札。

Dsc02981

 

  徳島駅前。

Dsc02984

 

  駅舎と反対側にある徳島城跡に向かうために南の通路を渡ります。

  多くの気動車が見渡せます。

Dsc02996

 

  徳島城跡。

Dsc03009

 

  天正13年(1585年)、豊臣政権下、四国征伐に功のあった蜂須賀正勝は阿波一国(当初は完全に一国ではなかった)18万6000石を得ますが正勝は辞退し子の蜂須賀家政に譲ります。

家政は最初は一宮城に入城しましたが早々に現在の地に築城。

太閤記で有名な秀吉の宿老である蜂須賀正勝は蜂須賀家の祖、その子である蜂須賀家政は徳島藩祖ということになります。

関ヶ原の戦いでは家政の子至鎮(よししげ)が東軍として本戦に参加して功を挙げ、徳島藩初代藩主となり所領を安堵されました。

さらに至鎮(よししげ)は大坂の陣にも参戦し、慶長20年(1615年)には淡路一国が加増され阿波一国と合わせ25万7000石の大大名となり、以後転封もなく14代で明治に至りました。

Dsc03013

 

  鷲の門(わしのもん)。

  徳島城唯一の建築物遺構でしたが1945年の空襲で焼失。

  1989年に復元されました。

Dsc03019

 

  蜂須賀家政像。

Dsc03046

Dsc03054

 

  だだっ広い本丸。

Dsc03063

 

  再び駅側に戻ります。

  キハ185系、「剣山」のヘッドマーク。

Dsc03124

 

  2番線から出発の徳島線特急「剣山」キハ185系阿波池田行き。

Dsc03134

  撮影 2012/10/13

|

« JR四国 高徳線 引田駅(ひけたえき)2012年10月 - 香川県東かがわ市 | トップページ | JR四国 阿波川島駅と川島城2012年10月 - 徳島県吉野川市 »

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR四国 徳島駅 2012年10月 - 徳島県徳島市:

« JR四国 高徳線 引田駅(ひけたえき)2012年10月 - 香川県東かがわ市 | トップページ | JR四国 阿波川島駅と川島城2012年10月 - 徳島県吉野川市 »