« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

鳥羽駅にて2012年12月 - 三重県鳥羽市

 

  JR参宮線の終着駅が鳥羽駅。

隣に近鉄鳥羽駅が並行してありますが、近鉄はさらに賢島まで志摩線が南下していきます。

 

  鳥羽と言えば真珠ですが、他にも水族館などもあります。

また鳥羽には鳥羽城跡があり、石垣や縄張りが大規模に残っています。

戦国時代には九鬼水軍で有名な九鬼氏の居城でした。

江戸時代になると跡目争いが起こり、幕府の命令で鳥羽藩からそれぞれ三田藩(摂津 兵庫県)と綾部藩(丹波 京都府)に移封されてしまい、九鬼氏は水軍の城の鳥羽城を追われ、内陸の小藩として存続することとなります。

 

  鳥羽駅0番線。

  なつかしのキハ11形伊勢市行き普通。

Dsc04897

 

  1番線には折り返し名古屋行きの快速「みえ」キハ75形。

  看板の向こう側は近鉄鳥羽駅。

Dsc04901

 

  JRの鳥羽駅。

Dsc04906

 

  近鉄鳥羽駅。

  両駅は跨線橋で一体化しています。

Dsc04913

 

  鳥羽城跡の石垣。

  平山城なので登るのは容易で眺めも良い。

Dsc04951

 

  帰りは伊勢湾フェリーで伊良湖岬へ。

  途中ですれ違う同じ伊勢湾フェリー鳥羽港行き。

Dsc05079

  撮影 2012/12/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

二見浦駅(ふたみのうらえき)と景勝地二見浦(ふたみがうら) - 三重県伊勢市二見町

 

  夫婦岩(めおといわ)で有名な景勝地の二見浦(ふたみがうら)はお伊勢さんと共に江戸時代からの古典的な観光地として知られています。

かつては伊勢神宮を参拝する人たちが身を清める場所として、かつ宿泊場所として栄えたのが二見浦(ふたみがうら 二見ヶ浦)です。

駅から夫婦岩のある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)までの風光明媚な参道はまさに景勝地。

 

  駅名は二見浦駅(ふたみのうらえき)。

  鳥羽行き快速「みえ」キハ75形。

Dsc04799

 

  1993年に完成した新駅舎でしたが、残念ながら2011年には無人化。

Dsc04803

Dsc04805

 

  御福餅本家の本店。

  伊勢と言えば赤福餅が有名ですが御福餅も同じようなあんころ餅で、その歴史は江戸時代創業以来270年以上。

Dsc04812

 

  夫婦岩(めおといわ)。

Dsc04844

Dsc04883

 

  名古屋行き快速「みえ」キハ75形の到着。

Dsc04889

  撮影 2012/12/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

熱海駅(あたみえき)にて2012年8月 - 静岡県熱海市

 

  岐阜から普通電車に乗車して岳南電車や富士川駅などで途中下車しながら東海道線を上り、熱海までやってきたころには、もうそろそろ夕方近く。

当時はまだ新駅舎は工事への途中で旧駅舎のままでした。

坂を下り海岸沿いに出て、「金色夜叉」で有名なお宮の松などを見ながら散策。

怪しげな城の一つである熱海城を遠くに確認し、再び坂を登って帰ってきました。

 

  2012年当時の旧駅舎。

Dsc00874

 

  熱海軽便鉄道7機関車。

Dsc00872

 

  伊東線ホームの伊豆急車両、伊豆急下田行き普通電車。

Dsc00870

Dsc00868

 

  遠くの山の上に見える熱海城。

  怪しい城の一つです。

Dsc00880

 

  尾崎紅葉の小説「金色夜叉」の貫一・お宮の像

Dsc00896

 

  お宮の松。2代目の松とか。

  初代の切株が保存されています。

Dsc00897

 

  2階建てグリーン車。

Dsc00916

 

  特急「踊り子」185系。

  この後、新宿に向かい、当時まだ運行されていた夜行快速「ムーンライトえちご」で新潟へ。

Dsc00920

  撮影 2012/08/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

JR東海 四日市駅(伊勢鉄道乗り入れ) 2012年12月 - 三重県四日市市

 

  JRの四日市駅は近鉄四日市駅と比べると乗降客は後者の8分の一という少なさ。

駅前の賑わいも近鉄四日市駅前に比べると寂しい限りです。

と言ってもJRの四日市駅と言うことで快速「みえ」、特急「南紀」などが停車します。

ホームは1本のみで切り欠きの3番線に伊勢鉄道の車両が乗り入れています。

伊勢鉄道伊勢線は四日市(正確には河原田駅)から津まで亀山を経由せず敷設された短絡線。

したがって、快速「みえ」や特急「南紀」等はこの伊勢鉄道伊勢線を経由して運行されています。

 

  3番線が伊勢鉄道車両の乗り入れ線となっています。

  伊勢鉄道の普通列車。

Dsc04749

 

  こちらは名古屋とを結ぶJRの313系。

Dsc04753

 

  キハ75形の快速「みえ」、伊勢鉄道線を経由します。

  「青春18きっぷ」で快速「みえ」を利用の場合は河原田~津間の運賃(510円)が別途必要。

  ただしJR東海のとくとくきっぷである「青空フリーパス」は利用可。

Dsc04755

 

  伊勢鉄道車両の車内。

Dsc04754

 

  津までは所要40分ほど。

  四日市~津間の運賃710円。

Dsc04751

  撮影 2012/12/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)に遭遇 - 福知山駅(京都府福知山市)

 

 

  京都府の福知山駅で電車待ちをしていたところ、奇遇にもTWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)に遭遇しました。

TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)は2017年6月17日から運行を開始した周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)。

編成は10両編成で、車両は87系寝台気動車。

福知山駅でしばらく停車していきました。

Img_0516_2

 

  車体全体が反射をして中が容易に窺えない様な仕様になっています。

Img_0522_2

Img_0518

  撮影 2017/07/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

津軽鉄道 金木駅(かなぎえき)2012年9月 - 青森県五所川原市金木町

 

  津軽鉄道で唯一列車交換が可能な金木駅(かなぎえき)から歩いて10分足らずの距離に太宰治記念館「斜陽館」があります。

「斜陽館」は小説家太宰治の生家で現在は五所川原市立の施設。

国の重要文化財に指定されています。

 

  金木駅(かなぎえき)は津軽鉄道のなかでも観光拠点駅で有人駅となっています。

Dsc01919

Dsc01920

Dsc01956

 

  太宰治記念館「斜陽館」。

  重文指定で観光の拠点となっています。

Dsc01939

 

  「斜陽館」の内部。

Dsc01944

Dsc01946

 

  金木観光物産館「マディニー」を見下ろして。

  観光物産館は休憩、食事、お土産購入などで便利。

Dsc01953

 

  金木駅にも売店(1階)と食堂(2階)があります。

  また、出札窓口では硬券(入場券・乗車券・JR連絡券)の購入もできます。

Dsc01932

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

津軽鉄道 津軽五所川原駅(つがるごしょがわらえき)2012年9月 -青森県五所川原市

 

  津軽鉄道と言えば冬のストーブ列車。

そんな寒冷地の金木(かなぎ)という地に太宰治の生家があるというので訪れました。

 

  弘前から五所川原までは「快速リゾートしらかみ」を利用。

指定席は簡単に取ることができました。

川部という駅からは五能線に入り、五所川原で津軽鉄道に乗り換えます。

あいにくの雨でしたが、十分に列車旅が堪能できました。

 

  「快速リゾートしらかみ」くまげら車両で弘前を出発。

  快速なので指定席券さえ取れば青春18きっぷや北海道&東日本パスが有効。

Dsc01910

 

  津軽鉄道津軽五所川原駅。

Dsc01911

Dsc05258

 

  金木(かなぎ)から津軽五所川原駅に戻ってきたところ。

Dsc01960

 

  手前はJR五能線五所川原駅。

Dsc01966

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

えちぜん鉄道 永平寺口駅(えいへいじぐちえき)2012年11月 - 福井県吉田郡永平寺町

 

  永平寺口駅はえちぜん鉄道勝山永平寺線の駅で、曹洞宗の大寺院である永平寺へのバスが連絡しています。

2002年まで永平寺への鉄道路線が存在しましたが同年に廃止となり、現在はバスのみ。

Dsc03649

 

  駐車場に待機している緑色のバスが永平寺への連絡バス。

  所要は14分で大人410円、小児210円。

  他には福井駅東口から京福バスが永平寺までの永平寺ライナーを運行しています。

  所要は30分足らずで大人720円、こどもは半額。

Dsc03793

 

  国の登録有形文化財に登録されている永平寺口駅駅舎。

Dsc03795

 

  福井行きが到着。

Dsc03801

 

  すぐに勝山行きが到着。

Dsc03804

 

  勝山行きを残して福井へ出発。

Dsc03808

  撮影 2012/11/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

西鉄太宰府駅 2012年1月 - 福岡県太宰府市

 

  太宰府線(だざいふせん)は天神大牟田線の西鉄二日市駅から分岐するわずか2.4Kmの支線で、その終着駅である太宰府駅は太宰府天満宮の最寄り駅です。

JRの二日市駅から徒歩5分ぐらいの西鉄の紫駅まで歩いて、そこから一駅で西鉄二日市。

直接西鉄二日市駅まで歩いても15分ぐらいだったはずです。

訪れたのが1月9日と新年間もないという事で、太宰府天満宮は参拝客で溢れ返っていました。

しかし、喫茶店のマスターによると正月三が日はこんなものじゃあないとの事。

 

  太宰府駅にて5000形。

Dsc02973

Dsc02976

Dsc02978

 

  太宰府駅前。

Dsc02982_2

 

  太宰府天満宮の参道。

  あつあつの梅が枝餅が美味しい。

Dsc02990_2

 

  社殿の前には参拝客が順番待ち。

Dsc03005

 

  この日は太宰府天満宮のみで九州国立博物館などは訪れませんでした。

  再び太宰府線で西鉄二日市駅へ戻りました。

Dsc02975_2

  撮影 2012/01/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

犬山橋と犬山城 2012年3月 - 愛知県犬山市

 

  かって鉄道道路併用橋であった犬山橋は2000年3月に道路橋が併設され、鉄道と道路は分離されました。

鉄道橋、道路橋ともに犬山橋と呼ばれます。

 

  旧犬山橋を渡る特急「ミュースカイ」2000系。

Dsc04311

 

  犬山橋から見える木曽川と犬山城。

Dsc04316

 

  犬山行き普通5000系。

Dsc04326

 

  特急1200系「パノラマスーパー」旧塗装。

Dsc04333

  撮影 2012/03/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

筑豊電気鉄道 黒崎駅前駅 2012年1月 - 福岡県北九州市八幡西区

 

 

  筑豊地方に入る北からのルートの一つが黒崎駅前から直方(のおがた)市に向かう筑豊電気鉄道。

筑豊地域はまだ訪れたことがなく、旅行計画を一度作成したことがありますが、実行にまでは至りませんでした。

そんな経緯もあって、夕方門司港レトロに向かう途中、黒崎駅で下車してみました。

 

  筑豊の三都市である田川、飯塚、直方のうち(筑豊三都)、最も北にある直方までを結ぶのが筑豊電気鉄道です。

Dsc03091

Dsc03096

 

  ホームとバス乗り場が兼用されていて便利です。

Dsc03101_2

 

  筑豊電気鉄道は西日本鉄道の完全子会社。

  運行も1時間に6本(平日)と便利。

Dsc03102

 

  ホームがすぐにバス乗り場。

Dsc03110

 

  直方(のおがた)行きが出発。

Dsc03105

  撮影 2012/01/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

養老鉄道 大垣駅 2012年11月 - 岐阜県大垣市

 

  養老鉄道は揖斐~大垣~桑名間を結ぶ57.5kmの鉄道です。

同社はサイクルトレインの実施と主要な駅のレンタサイクルの存在、各駅でのサイクリングコースの提案などで知られています。

レンタサイクルの貸し出し駅は多度駅、駒野駅、養老駅、西大垣駅、揖斐駅。

詳しくは養老鉄道で。

 

  養老鉄道は運行上、揖斐~大垣間、大垣~桑名間に分かれており、両区間の直通運転はありません。

元々は近鉄養老線(大垣~揖斐間は揖斐線とも呼んだ)が前身で、岐阜県唯一の近鉄路線でした。

 

  桑名行きと揖斐行き。

  同じ方向に出発します。

Dsc03849

Dsc03850

 

  隣接して北側にはJR大垣駅があります。

Dsc03846

 

  養老鉄道もご多分にもれず赤字に悩まされています。

Dsc04007

  撮影 2012/11/22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

予讃線 伊予大洲駅と伊予大洲城 - 愛媛県大洲市

 

  松山から予讃線海回りで2時間ほどかけて目的地の伊予大洲駅に降り立ちました。

ちょうど桜が見頃で、大洲市内を一日中散策し、充分堪能しました。

 

  松山を朝7時前に出発、2時間かけて伊予大洲駅に到着した八幡浜行き。

Dsc04824

 

  駅前。

  大洲市の市街地は伊予大洲駅から歩いて15分ほどの距離にあります。

Dsc04829

 

   肱川(ひじかわ)の堤防から伊予大洲城が望めます。

Dsc04835

 

  伊予大洲駅に接近する特急「宇和海」。

  伊予大洲駅の跨線橋から。

Dsc05115

  撮影 2012/04/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

予讃線海回り 伊予長浜駅で小休止 - 愛媛県大洲市

 

  朝早く松山駅を出発する予讃線海回り。

当日はキハ32の単行運転で八幡浜方面に向かいました。

私の目的地は伊予大洲。

松山から伊予大洲までほぼ2時間の旅でした。

私が利用した松山発6時58分の海回り列車は現在も健在です(松山発6時4分の列車も海回り)。

 

  途中14分停車の伊予長浜駅ではその停車時間を利用してホームを散策してみました。

伊予長浜駅からは海を離れ、肱川(ひじかわ)沿いを遡り伊予大洲駅へ向かいます。

ちなみに長浜は肱川の川霧で有名です。

 

  下灘駅。

  鉄道ファンにはつとに有名な駅。

Dsc04797

 

  喜多灘駅。

Dsc04801

 

  伊予長浜駅にて14分停車。

Dsc04804

 

  伊予大洲城の桜が目的でここまで来ました。

Dsc04806

Dsc04809

 

  対向車が到着後に出発。

Dsc04821

  撮影 2012/04/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

名鉄岐阜駅にて JRとの立体交差 - 岐阜県岐阜市

 

  名鉄とJRの立体交差。

岐阜市内では名鉄とJRが立体交差する区間は二カ所存在します。

ひとつは名鉄岐阜駅とJR岐阜駅のすぐ東の下の写真の区間。

もう一か所は名鉄各務原線田神駅~細畑駅間とJR高山線の岐阜駅~長森駅間の立体交差。

前者の場合JRの運行頻度が1時間当たり東海道線上下合わせて20本ほど、高山線上下6本ほど、名鉄が上下20本ほどで、電車が交差する頻度は大きく、写真のような交差を写すのは容易です。

しかし、後者の各務原線と高山線との立体交差ではなかなかそういう訳にもいきません。

名鉄側は1時間当たり上下8本、高山線は上下6本ほどなので、私の少ない経験では、まだ交差するところを目撃していません。

 

  JRは左手が名古屋、豊橋方面。

  右手すぐがJR岐阜駅。

Dsc04526

 

  JRは高山線キハ11の2連。

  現在はキハ11は高山線から駆逐されてしまいました。

  JR東海管内での運用は名松線のみとなりました。

Dsc04533

  撮影 2012/12/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

近江鉄道 高宮駅 2012年11月 - 滋賀県彦根市

 

 高宮駅(たかみやえき)では本線から多賀線が分岐します。

高宮には江戸時代、中山道の64番目の宿場である高宮宿がありました。

江戸時代に彦根藩領であった高宮は、現在は彦根市に属します。

 

  彦根行き。

  ライオンのマークは近江鉄道が西武グループの会社である事を示しています。

Dsc03486

 

  彦根行きが出発。

Dsc03488

 

  多賀線 多賀大社前行きが待機しています。

Dsc03492

Dsc03493

 

  彦根方面からの貴生川行きが到着。

Dsc03500

 

  米原行きの到着。

Dsc03610

 

  貴生川(きぶかわ)行き。

Dsc03613

  撮影 2012/11/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

JR桜井線 三輪駅にて2012年11月 - 奈良県桜井市

 

  JR桜井線は奈良と高田を結ぶ路線。

昼間帯の奈良発電車は桜井行きと高田から和歌山線に入る和歌山行きの1時間に二本の運行。他の時間帯は王寺行きなど。

三輪駅は桜井駅の一つ奈良寄りの駅で大神神社(おおみわじんじゃ)への最寄りの駅です。

 

  三輪駅。

  奈良行きの105系電車。

  桜井線の愛称は「万葉まほろば線」。

Dsc04204

 

  下りの105系電車とすれ違います(桜井線は全線単線)。

Dsc04210

Dsc04216

 

  出入り口は西側で、神社の参道のある北に向かいます。

Dsc04220

 

  参道のある北には正月等に使用される臨時降車口がります。

Dsc04228

 

  大神神社(おおみわじんじゃ)。

Dsc04232

 

  拝殿。

Dsc04251

 

  大神神社(おおみわじんじゃ)のご神体は三輪山。

  主祭神は大物主大神。大和国一宮です。

Dsc04283

 

   この日訪れた談山神社は紅葉が素晴らしかったのですが、大神神社(おおみわじんじゃ)は紅葉自体が少なく当てが外れました。

  三輪駅に戻り奈良行きが到着。

Dsc04289

 

  桜井駅に戻り、桜井から近鉄で東に向かい帰途につきました。

  和歌山行き。

Dsc04297

  撮影 2012/11/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

近江鉄道 尼子駅(あまごえき)にて2012年11月 - 滋賀県犬上郡甲良町

 

  紅葉シーズンのみに運行される湖東三山への紅葉シャトルバスは、現在は彦根駅から出発しますが、2012年当時はJR河瀬駅出発尼子駅経由で運行されていました。

この日はその湖東三山へ行くべく尼子駅に向かいましたが、運行日を1日間違え、来ることのないシャトルバスを無駄に待っていた苦い思い出の旅行。

 

  近江鉄道尼子駅での列車交換。

Dsc03460

Dsc03461

 

  右は貴生川行き。

  左は試運転。

Dsc03462

 

  駅舎の尼子駅コミュニティハウス。。

Dsc03473

Dsc03475

 

  この辺りでは近江鉄道線は新幹線と並行しています。

Dsc03478

 

  彦根行き単行が到着。

Dsc03485

  撮影 2012/11/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

養老鉄道 養老駅にて 2012年11月 - 岐阜県養老郡養老町

 

 

  養老鉄道は岐阜県大垣市を中心とした西美濃と三重県の桑名市をつなぐ57.5kmの路線。

旧近鉄の養老線で2007年に近鉄の子会社として再出発。

さらに、今年(2017年)の10月からは沿線自治体が第三種鉄道事業者、養老鉄道が第二種鉄道事業者と事業形態が変更されます。

(参考:第二種鉄道事業者...第三者の線路を使用して鉄道事業を営む者をいう。

         第三種鉄道事業者...線路を所有し、第二種鉄道事業者に当該線路を使用させる者をいう。)

 

  揖斐駅からの電車、桑名駅からの電車は大垣駅で同じ方向に行き止まります。

したがって大垣~揖斐間と大垣~桑名間は運行上直通電車は無く、いずれも大垣始終着となります。

 

  養老駅にて。

  「養老の滝」で有名な地で、渓谷沿いに春は桜、秋は紅葉が綺麗な行楽地。

  駅から滝まで一貫して登り道となります。

Dsc03856

 

  前面の窓にある大きな丸いステッカーはサイクルトレイン可のマーク。

Dsc03863

 

  養老町の中心部は養老駅ではなく美濃高田駅周辺。

Dsc03864

Dsc03867

 

  養老駅。

Dsc03869

 

  養老駅は有人駅。

  現駅舎は大正8年(1919年)に改築されたもの。

Dsc03876

Dsc03933

 

  渓谷沿いを散策。

Dsc03939

  撮影 2012/11/22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »