« 山口県柳井市と防府市を観光(5) - 柳井市 しらかべ学遊館、柳井市町並み資料館と松島詩子記念館、湘江庵の柳と井戸 | トップページ | 山口県柳井市と防府市を観光(7) - 徳山駅(山口県周南市)にて »

2017年8月10日 (木)

山口県柳井市と防府市を観光(6) - 柳井市 「むろやの園」商家博物館

 

  「むろやの園」はその屋号である「室屋」から来ています。

 

  柳井市のホームページによれば、

「室屋」の小田家は初代善四郎が元禄元年(1688)新庄村庄屋小田家から柳井津 金屋へ分家独立。

当初は反物、打綿、菅笠などの商売を営み、二代目善四郎の時、大阪との間で油の取引も始め、三代善四郎の時には50石~125石積船を50艘ばかりに増し、商取引は最盛期を迎えました。

四代目六左衛門の頃には油商としての性格が次第に強まっていきます(これが18世紀後半から19世紀の初め)。

 

  また小田家は岩国の吉川家に(柳井は岩国吉川領だった)献金などで度重なる貢献をし士分に取り立てられました。

(むろやの園に甲冑が残っていたり、中間部屋があったりするのはその名残りとも言えます。)

現在、(1)小田家代々の使用してきた生活用具1553点、(2)文書1011点、(3)町家、主家ほか10棟のすべてが県指定有形民俗文化財となっています。

主家(主屋)は享保年間(1730頃)の建築で県下でも最も古い町家に属する、そうです。

柳井市のホームページより。

 

  入口は交差点の南東側にあります。

Img_0625

 

  「むろやの園」の南北の長さは119m。

Img_0608

 

  入口を入って振り返った所。

  拝観料は大人450円、中高生350円、小学生300円。

Img_0626

 

  「むろやの園」見取り図。

Img_0658

Img_0628

 

  庭に出る前に振り返った所。

Img_0629

 

  中間部屋があるのは小田家は士分ということで家来が必要だったとのこと。

Img_0632

 

  庭と蔵。

  左側と奥は住居部分。

Img_0633

 

  左側の住居部分。

Img_0635

 

  本蔵。

Img_0637

 

  本蔵の中。

Img_0638

 

  奥に向かって右側の勘定蔵。

Img_0642

 

  吉川家から拝領の甲冑。

Img_0643

 

  次が米蔵。

Img_0645

 

  米蔵の中。

  とにかく夥しく品々が残っています。

Img_0646

 

  振り返って正面に本蔵。

Img_0652

 

  主屋(主家)に戻って。

Img_0659

 

  主屋二階部分。

Img_0662

 

  外へ出て主屋の部屋。

Img_0664

 

  大規模に家屋、生活用品などが残っていた「むろやの園」。

  「むろやの園」を出た頃には完全に暑さにやられていました。

Img_0604

 

  暑い中、駅に戻ってきました。

  その暑さ故に、残りの防府市まで回る気力は失せました。

  防府はあくる日に回ることにしましたが、

  当のこの日はまだ日も高く、宿に入るには早いので、徳山駅で途中下車して喫茶店を探すことにしました。

Img_0540

  撮影 2017/07/30

|

« 山口県柳井市と防府市を観光(5) - 柳井市 しらかべ学遊館、柳井市町並み資料館と松島詩子記念館、湘江庵の柳と井戸 | トップページ | 山口県柳井市と防府市を観光(7) - 徳山駅(山口県周南市)にて »

中国地方」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/65639590

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県柳井市と防府市を観光(6) - 柳井市 「むろやの園」商家博物館:

« 山口県柳井市と防府市を観光(5) - 柳井市 しらかべ学遊館、柳井市町並み資料館と松島詩子記念館、湘江庵の柳と井戸 | トップページ | 山口県柳井市と防府市を観光(7) - 徳山駅(山口県周南市)にて »