« 長崎駅にて - 2014年以降 駅舎移転高架化と再開発へ | トップページ | 長崎観光は路面電車(長崎電気軌道)で(2) - 国宝崇福寺、眼鏡橋、諏訪神社 »

2017年8月29日 (火)

長崎観光は路面電車(長崎電気軌道)で(1) - 国宝大浦天主堂からグラバー園など

 

  長崎観光には路面電車が有効です。

どうしてもバスが必要な場合もありますが、主要な観光地は路面電車で行くことができます。

 

  長崎着が午後になってしまい、取り敢えずグラバー園を中心に観光することにしました。

  長崎駅前から正覚寺下行きに乗車して築町(つきまち)電停で石橋行きに乗り換えます。

Dsc05361

 

  築町電停。

  石橋行きに乗り換えます。

Dsc05371_2

 

  大浦天主堂下電停で下車。

  電車は終点の石橋へ向かいます。

Dsc05374

 

  国宝大浦天主堂。

Dsc05471

 

  グラバー園のグラバー邸。

  グラバー園には他にも多くの洋館が建ち並び洋館のテーマパークのようです。

Dsc05407

 

  歩いてオランダ坂に向かいます。

  オランダ坂は日本3大がっかり名所の一つに数えられています。

  他の二つは高知の「はりまや橋」、札幌の時計台だということです。

  オランダ坂については「えっ、これだけ!」というのががっかり感を醸し出します。

  それでも、オランダ坂を含む一帯が見どころとなっているので救われています。

Dsc05495

 

  旧英国長崎領事館などを観光しながら大浦海岸通り電停から築町(つきまち)電停乗り換えで長崎駅前に戻りました。

Dsc05514

  撮影 2013/01/04

|

« 長崎駅にて - 2014年以降 駅舎移転高架化と再開発へ | トップページ | 長崎観光は路面電車(長崎電気軌道)で(2) - 国宝崇福寺、眼鏡橋、諏訪神社 »

九州地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎観光は路面電車(長崎電気軌道)で(1) - 国宝大浦天主堂からグラバー園など:

« 長崎駅にて - 2014年以降 駅舎移転高架化と再開発へ | トップページ | 長崎観光は路面電車(長崎電気軌道)で(2) - 国宝崇福寺、眼鏡橋、諏訪神社 »