« 美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)にて - JR高山線、太多線(たいたせん)と長良川鉄道 | トップページ | 近江鉄道米原駅 にて - 滋賀県米原市(まいばらし) »

2017年9月 5日 (火)

長良川鉄道 美濃市駅(岐阜県美濃市)にて - 旧名鉄美濃駅と「うだつ」の上がる町並み

 

  美濃太田を始終着駅とする長良川鉄道越美南線は刃物で有名な関市、和紙でその名を知られた美濃市から北上し郡上八幡を経て北濃駅に至ります。

実は岐阜市からだと郡上八幡、美濃市、関市へはバスの方が便利です。

郡上八幡へは高速バスが一日に11本運行されています。

郡上八幡への高速バスは予約が必要でなく、運賃は降車時に支払う仕組みです。

 

  美濃太田駅にて。

  ナガラ300形305号列車で出発。

Dsc06659

 

  車内。

Dsc06663

 

  30分ほどの所要で美濃市駅に到着。

Dsc06664_2

Dsc06666

 

  美濃太田方面に向かう車両はナガラ300形306号でした。

Dsc06669

 

  美濃市駅前。

  基本的に何もありません。

  岐阜との路線バスの停留所がありますが、岐阜との路線バスは基本的に2時間に1本の運行頻度です。

Dsc06690

 

  旧名鉄美濃町線 美濃駅駅舎。

Dsc06694

 

  かって運行されていた車両が静態保存されています。

Dsc06692

 

  美濃市は「うだつの上がる町並み」で有名。

  また美濃和紙も有名。

  美濃市はもともとは金森長近が関ヶ原の戦いの功で当地を得、小倉山城を築城し、その城下町として整備されました。

  後に美濃市一帯は尾張藩領となり、上有知湊(こうずちみなと)を物資の集散地として、和紙を中心とした商業町として発展しました。

Dsc06754

 

  「うだつ」と屋根神様。

Dsc06758

 

  美濃という呼称を使用するようになったのは明治44年(1911年)の美濃町から。

  それまでは上有知(こうずち)と呼ばれていました。

Dsc06764

 

  上有知湊(こうずちみなと)のシンボルの川湊灯台。

  長良川を下ると岐阜に至ります。

Dsc06869

  撮影 2013/02/25

|

« 美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)にて - JR高山線、太多線(たいたせん)と長良川鉄道 | トップページ | 近江鉄道米原駅 にて - 滋賀県米原市(まいばらし) »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川鉄道 美濃市駅(岐阜県美濃市)にて - 旧名鉄美濃駅と「うだつ」の上がる町並み:

« 美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)にて - JR高山線、太多線(たいたせん)と長良川鉄道 | トップページ | 近江鉄道米原駅 にて - 滋賀県米原市(まいばらし) »