« 京都国立博物館「国宝」展とその周囲(2)蓮華王院南大門と太閤塀 - 京都市東山区 | トップページ | 橋上駅舎となった高山駅(南の陸橋より) - 岐阜県高山市 »

2017年11月23日 (木)

京都国立博物館「国宝」展とその周囲(3)豊国神社と方広寺の鐘 - 京都市東山区

 

  西に面した京都国立博物館の正門の前を通り過ぎ、さらに北に向かうと豊国神社(とよくにじんじゃ)の鳥居の前に至ります。

豊国神社の祭神はもちろん豊臣秀吉。

現在の社殿は明治になってから明治天皇の勅命により再興されたもので、江戸時代は豊臣家を滅ぼした過程で神社自体が廃絶されました。

現在の場所はかって秀吉が造営した大仏殿の跡地で、今でも大きな石が積まれている石垣が道路際に見られます。

 

  京都国立博物館正門。

  「国宝」展の団体さん入り口として開放されていました。

Img_0851

 

  豊国神社(とよくにじんじゃ)。

Img_0854_2

Img_0855

 

  国宝の唐門。

  明治の再興にあたって金地院から移築されたもの。

  もともとは寛永4年(1627年)に以心崇伝(金地院崇伝とも)が二条城の唐門を幕府から譲り受けたもの。

Img_0858

 

  北側に方広寺の鐘楼が見えます。

Img_0859

 

  駐車場になっている境内。

Img_0861

 

  方広寺の鐘。

Img_0863

 

  大坂の陣を招き豊臣家が滅亡するきっかけとなった「方広寺鐘銘事件」の鐘。

  観光客向けに分かりやすく「君臣豊楽」、「国家安康」の銘が白く塗られています。

  慶長19年(1614年)の鋳造で重要文化財に指定されています。

Img_0864

 

  これで京都国立博物館の周囲の散策も終わりとして、京阪電車の七条駅に向かいます。

Img_0866

 

  東福寺駅でJR奈良線に乗り換え京都駅に戻ってきました。

Img_0867_2

  撮影 2017/11/16

|

« 京都国立博物館「国宝」展とその周囲(2)蓮華王院南大門と太閤塀 - 京都市東山区 | トップページ | 橋上駅舎となった高山駅(南の陸橋より) - 岐阜県高山市 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都国立博物館「国宝」展とその周囲(3)豊国神社と方広寺の鐘 - 京都市東山区:

« 京都国立博物館「国宝」展とその周囲(2)蓮華王院南大門と太閤塀 - 京都市東山区 | トップページ | 橋上駅舎となった高山駅(南の陸橋より) - 岐阜県高山市 »