« 嵐電嵯峨駅 初冬の嵐山 - 京都府京都市 | トップページ | 名鉄河和線(こうわせん)知多半田駅にて - 愛知県半田市 »

2017年12月14日 (木)

電化前のJR武豊線半田駅とミツカン - 愛知県半田市

 

  電化前のJR武豊線半田駅(電化開業は2015年3月)。

 

  半田市には大手食品メーカー「ミツカン(株式会社Mizkan)」の本社があります。

半田は元々酒、醤油、味噌などの醸造業が栄えていました。

そんな中、ミツカンは江戸時代の1804年(文化元年)に酒造業で創業。

後に酒粕を用いた酢を江戸に出荷するなどして発展。

半田市内にはミツカンに関連した倉庫などの文化財やその他の見どころが数多くあり、町歩きには格好の場所です。

 

  電化前の半田駅。

  跨線橋は現役ではJR最古。1910年(明治43年)11月の完成。

Dsc04370

 

  当時のキハ25形。

Dsc04380

 

  駅舎と駅前広場。

Dsc04387

 

  運河沿いのミツカンの古い倉庫。

Dsc04398

Dsc04404

 

  ミツカン本社ビル。

Dsc04425

  撮影 2012/12/07

|

« 嵐電嵯峨駅 初冬の嵐山 - 京都府京都市 | トップページ | 名鉄河和線(こうわせん)知多半田駅にて - 愛知県半田市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電化前のJR武豊線半田駅とミツカン - 愛知県半田市:

« 嵐電嵯峨駅 初冬の嵐山 - 京都府京都市 | トップページ | 名鉄河和線(こうわせん)知多半田駅にて - 愛知県半田市 »