« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (12) - 佐賀市 佐賀城本丸歴史館(1)西門から中へ | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (14) - 唐津線で佐賀から唐津へ »

2018年1月24日 (水)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (13) - 佐賀市 佐賀城本丸歴史館(2)復元御殿、鯱の門など

 

 

  一部復元された本丸御殿は第10代藩主鍋島直正が天保期に再建した御殿を現代に復元したもの。

内部は展示室となっている部分も多く、それ故に歴史館とも言えます。

復元の元となっている直正の御殿は天保9年(1838年)の建築で、同時期に鯱の門も築造されました。

 

  東側に入り口があります。

  靴を脱ぎ、荷物は無料のロッカーに入れることができます。

  また料金は志納となっています。

  ほとんどの人は気が付いていませんでしたが、私は幾ばくかを納めておきました。

Dsc08274

 

  甲冑がありました。

  写真は資料の接写は禁止ですが、御殿内部の撮影は可です。

Dsc08261

 

  外御書院では邦楽の練習が行われていました。

  皆さん和装で艶やかでした。

Dsc08263

 

  屯之間(たまりのま)は休憩、映像コーナーとなっています。

Dsc08267

 

  こうして内側は展示室となっていて、歴史博物館の趣きです。

Dsc08268

 

  内側は一部が展示室として利用されています。

  この方式も有りと言えば有りです。

Dsc08270

 

  この日は何らかの催しの日で、多くの人々が集まり、鷹匠の実演などが行われていました。

Dsc08238

 

  庭にあるカノン砲のレプリカ。

Dsc08276

 

  慶長19年(1614年)頃の佐賀城絵図。

  まだこの頃には天守があり、焼失前の御殿が描かれています。

  鯱の門はまだ築かれていません。

Dsc08237

Dsc08236

 

  鯱の門(しゃちのもん)と続櫓(つづきやぐら)。

  天保9年(1838年)の建築で重要文化財。

Dsc08243

Dsc08260

 

  天守台。

  天守は享保11年(1726年)の大火で焼失し、以後、再建されることはありませんでした。

Dsc08257

 

  かっては天守台には「明治時代の建造物「協和館」が移築されサークル活動等に利用されて」いました。

  2003年当時の写真。

Img126

 

  鯱の門のとなりの広場にある鍋島直正公の銅像。

Dsc08248

 

  西門前の博物館前バス停から佐賀駅バスセンターまでバスで帰りました。

  1時間に1本以上の運行が確保されています。

  また他には公園の北側に佐賀城跡バス停があります。

Dsc08279

  撮影 2018/01/06

|

« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (12) - 佐賀市 佐賀城本丸歴史館(1)西門から中へ | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (14) - 唐津線で佐賀から唐津へ »

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (13) - 佐賀市 佐賀城本丸歴史館(2)復元御殿、鯱の門など:

« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (12) - 佐賀市 佐賀城本丸歴史館(1)西門から中へ | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (14) - 唐津線で佐賀から唐津へ »