« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (2) - 臼杵城(1)卯寅口(うとのぐち)門脇櫓と井戸丸 | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (4) - 臼杵城(3)二の丸大門櫓と畳櫓 »

2018年1月11日 (木)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (3) - 臼杵城(2)本丸と二の丸、臼杵護国神社

 

  元々は三方を海に囲まれた海城であった臼杵城は、現在は周囲が埋め立てられ、あたかも市街地の中の平山城という趣きになっています。

そして、その城山部分は本丸と二の丸とに大きく分けられます。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Usukityo

 

  卯寅(うとの)稲荷神社への登り口から外れたので、本丸から登り口へ戻ってみました。

Dsc07901

 

  卯寅(うとの)稲荷神社。

Dsc07904

 

  これより本丸の碑。

Dsc07911

 

  本丸から二の丸方向を望んで。

Dsc07913

 

  鉄門跡(くろがねもんあと)の石垣。

Dsc07932

 

  本丸の北西部分にある天守台跡。

Dsc07920

 

  空堀。

  手前が本丸の天守台跡。

Dsc07922

 

  空堀に下りて天守台跡の石垣。

Dsc07925

 

  天守台跡と空堀。

Dsc07934

 

  反対側の空堀。

Dsc07937

 

  二の丸方向に足を踏み入れると右側に臼杵生まれの小説家である野上弥生子(のがみ やえこ)の文学碑があります。

  臼杵城跡の西、臼杵川の近くに野上弥生子文学記念館がありますが、今回は時間が無く訪れませんでした。

Dsc07938

 

  大きな多目的グラウンド。

Dsc07949

 

  右手に迂回していくと臼杵護国神社があります。

Dsc07951

 

  西南戦争での犠牲者を祀った招魂社が藩主家の歴代藩主と臼杵藩祖である稲葉良通を祀った稲葉神社と合併し、稲葉神社が現在の臼杵護国神社と改称。

Dsc07957

 

  素朴な造りの社殿。

Dsc07954

Dsc07959

  撮影 2018/01/05

|

« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (2) - 臼杵城(1)卯寅口(うとのぐち)門脇櫓と井戸丸 | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (4) - 臼杵城(3)二の丸大門櫓と畳櫓 »

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (3) - 臼杵城(2)本丸と二の丸、臼杵護国神社:

« 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (2) - 臼杵城(1)卯寅口(うとのぐち)門脇櫓と井戸丸 | トップページ | 2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (4) - 臼杵城(3)二の丸大門櫓と畳櫓 »