« 「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区 | トップページ | 名鉄津島線甚目寺駅(じもくじえき)と甚目寺 - 愛知県あま市甚目寺 »

2018年2月25日 (日)

名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市

 

  津島市は尾張中西部の都市で、中世、近世には津島湊や津島神社の鳥居前町として栄えました。

戦国時代にはこの地を織田信長の祖父である織田信定が押さえて信秀、信長までの織田家三代の経済的基盤を得たことで知られています。

 

  名鉄津島駅は尾西線と津島線の2線が乗り入れています。

  線名的には津島線の終着駅ですが、運行上は津島線、津島以南の尾西線が一体運用されています。

P2010025

 

  駅前通りを真っ直ぐに歩いて15分ぐらいで津島神社に至ります。

P2010026

P2010028

 

  駅前通りは天王通りと言います。

Pict0034

 

  津島信仰で知られる津島神社は東海地方を中心に約3千社ある津島神社・天王社の総本社。

Pict0039

 

  楼門。

  天正19年(1591年)の建築で豊臣秀吉の寄進による。

  国指定重要文化財。

Pict0041

 

  社殿のうち本殿は慶長10年(1605年)の建築で松平忠吉の妻政子による寄進。

  本殿は重要文化財に指定されています。

Pict0044

 

  南門。

  慶長3年(1598年)の建築で豊臣秀頼による寄進。

  愛知県指定有形文化財

Pict0047

 

  南に歩いて行くと天王川公園があります。

P2010042

 

  東海地方では有名な尾張津島天王祭が行われます。

P2010040

 

  尾西線一宮行き普通。

P2010047

  撮影 2009/02/01

|

« 「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区 | トップページ | 名鉄津島線甚目寺駅(じもくじえき)と甚目寺 - 愛知県あま市甚目寺 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市:

« 「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区 | トップページ | 名鉄津島線甚目寺駅(じもくじえき)と甚目寺 - 愛知県あま市甚目寺 »